Today is: Sunday, 15th July 2018
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

mdmの資産管理

Mdmツールによるスマートフォンやタブレット端末の一括管理は、セキュリティ対策や管理の効率化など様々な目的で導入されています。Mdmツールを利用する理由の1つには、IT資産管理や運用サポート機能などを期待している企業もいるでしょう。登録しているスマートデバイス端末ごとの設定情報やインストールアプリ、位置情報などの資産情報をしっかりと管理できる機能が、IT資産管理機能になるのです。
資産情報としては、管理しているスマートデバイスのハードウェア情報、設定情報を取得できる機能になります。管理に必要な項目を任意で登録することもできるのです。また各種スマートデバイス端末の情報はCSVファイルで出力することもできるので、資産台帳としても活用することができると人気を集めています。ただスマートデバイス端末のOSやOSバージョンによって取得できる項目は異なりますので、OSをしっかりとチェックして、どの情報を取得できるかを把握しておくとよいでしょう。MDMとは?企業のモバイルデバイスを安全管理

スマートデバイス端末普及に伴いmdmも普及

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は急激に普及しています。これらのスマートデバイス端末機器は非常に優れた特徴がありビジネスや学習において欠かせないツールとなってきています。その需要はさらに伸びていくでしょう。多くの企業で積極的に利用されているmdmツールですが、便利さがある反面、その裏返しになる問題も起こる可能性があります。特に注意したいのがスマートデバイス端末の持ち運び時の盗難や紛失です。手軽に持ち運べるというのはメリットになる反面、落としてしまう、盗まれてしまうといったリスクを高めてしまう要因ともなります。
盗難、紛失されて第3者にスマートデバイス端末が渡った場合、スマートデバイス内に入っていた個人情報や機密情報など情報漏えいのリスクが高まります。そこでmdmツールで一元管理することで管理の負担を軽減し、最悪のリスクを防止することができるようになるのです。mdmツールによってビジネス効率アップにもつながります。remote wipe

mdmが普及している

ここ3~4年で教室へのタブレット導入が進んでおり、多くの教育現場でタブレットなどのスマートデバイスを使った授業が行われるようになってきています。教育機関と一言でいっても様々な場所があります。大学や私立高校などではいち早くタブレットが導入されておりましたが、ここ最近では公立小学校においても、授業で使用するツールの一環としてタブレット端末が活用されつつあります。公開授業、発表会などでの活用はもちろん、日々の授業や講義の中でもタブレット端末は使用されています。
文部科学省では2020年には1人1台のタブレットの導入をすすめるという話もそう難しい話ではなく、現実味があります。
タブレット導入件数が増えてくると問題となってくるのが、タブレットの運用管理についてです。
タブレットの運用管理を効率的に、そして正確に行うためにはmdmが必要になってきます。
Mdmツールは教育現場においても、子供たちが安全に学習する環境を整える手段として欠かせません。MDM(Mobile Device Management)とは?

mdmのファイル管理機能

スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス端末を一元管理するためのツールとしてmdmは欠かせません。Mdm管理をすることによって企業でのスマートデバイス導入が成功していると言っても過言ではないのです。
Mdmツールによる管理機能はそれぞれのmdm製品によって異なりますが、その多くはセキュリティ対策や資産管理などが主な機能となっています。Mdm製品の中の特徴的な機能の1つとしてファイル管理というものもあります。このファイル管理とはファイルの配布や削除などを、全てのスマートデバイス端末に一括で遠隔設定をすることで行っていきます。
ファイル配信では、ファイルの保存場所であるファイルパスを指定して、遠隔から管理デバイスにファイルを配信することができる機能になっています。
ファイル取得では、ファイルの保存場所を指定して、遠隔から管理デバイス内のファイルを取得することができます。構成プロファイルの配布、削除は構成プロファイルの配布や削除が可能な機能です。詳しくはこちら

初期投資のかからないmdm

スマートフォンやタブレット端末はいつでもどこでもインターネットアクセスして最新の情報を共有できるという特徴があります。この特徴によってスマートデバイス端末をビジネスに利用することで、会社にいなくても仕事ができるようになり、ビジネスの効率化につながります。
ビジネスでスマートデバイス端末を利用する時には高精度webフィルタリングを省コストで実現できるmdm管理がおすすめです。
インターネットにアクセスすると、どうしても情報漏えいなどのリスクが付きまといます。またウイルス感染によって第三者に機密情報や個人情報が漏れ出てしまう可能性もゼロではありません。
Mdmには多彩で強力なフィルタリング機能やアプリケーションの起動制限、GoogleAppsのログイン制限による私的利用の経路を遮断したり、情報漏えいを防いだりすることができます。さらにサーバレスで簡単導入を利用すればTCO削減に効果的でしょう。
クラウド型で提供されるmdm管理は自社で専用サーバーを用意する必要はなく、短期間でそして初期投資なしでmdmの導入が可能です。www.ascentnet.co.jp/mdm-modem/

mdmの遠隔データ消去機能

Mdmの基本的機能として知られているのが遠隔操作でのスマートデバイス内にあるデータ消去機能です。スマートデバイス端末は業務の効率化を図る上で欠かせないツールにはなりますが、その分外部に情報漏えいしやすいというリスクも併せもっています。そのため情報漏えいリスクを未然に防ぐ対策が必要であり、その対策となるのがmdmなのです。Mdmの遠隔データ消去ではパソコンやスマホ、タブレットなどのスマートデバイス端末を紛失した時に、ウェブ上の管理画面から消去命令を押すだけで、紛失したスマートデバイス端末がインターネットにつながると消去命令を受け取って、指定しておいたデータの削除が可能になっています。さらに一定時間インターネットに接続されていなかった場合には、あらかじめ指定しておいたデータの自動消去などが可能なmdm製品もあります。この機能があることで、もしも紛失したり、盗難されたりしたときもすみやかに遠隔操作によって必要なデータを全て削除し、個人情報や機密情報の漏えいを防ぐことができるのです。MDM 「モバイルデバイス管理」 サービス – MoDeM

mdmによる運用管理の効率化

mdm管理によってスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを導入することで、運用管理の効率化が図れます。スマートフォンやタブレット端末を従業員善人に配布するということは非常に手間がかかるということです。管理担当者はモバイルデバイスを導入する時に、機能設定をしなければなりませんし、配布後の設定変更や業務アプリケーションやファイルの配布など、いくつもの設定変更をしなければならない状況になってくるかもしれません。
この場合mdmで管理していないと、設定変更の度にスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを回収しなければならず、業務にかかる負荷は莫大なものになってしまうのです。
しかしmdmを導入していれば、このような問題の対策が可能となります。すべてのモバイルデバイスを回収しなくても遠隔操作による設定変更や利用制限などが可能になるのです。さらにはモバイルデバイスの情報収集、一元管理もできるでしょう。MDM

mdmで利用できる機能とは?

Mdmツールを利用してモバイルデバイスを一元管理することで企業のビジネス効率は各段にアップします。つまりmdmを利用することで運用管理を効率化できるのです。Mdmでは管理端末数に対してライセンスを発行することになるので管理端末総数を越えなければライセンスの使いまわしは可能です。またマルチOSに対応しているので、ライセンス移動も難しくありません。さらに一つのツールですべてのモバイルデバイスを管理することができるのもmdmの特徴です。マルウェア対策、アクセス制限などのセキュリティ機能、各グループへの機能制限、端末データのバックアップなど様々な機能を提供してくれるので管理がしやすいです。
さらにmdmは新しい技術にも対応しています。例えばapple社が提供するVPPやDEP、Googleが提供するandroid for workなどにも対応しているのです。
もちろんこの他にも基本的な機能としてリモートコントロール、専用端末化、アプリの一括配信、端末情報監視、端末機能のカメラの使用制限、ウィルス対策なども行えます。
iOS端末でmdmを利用する人のために

mdmによるアプリのインストールは楽ちん?!

モバイルデバイスを企業で導入した場合、mdmによる一括管理を行うのが一般的になっています。Mdmを利用することでアプリのインストールなどが簡単になります。
例えば社内システムに接続するための特別なセキュリティ設定がしてあるアプリケーションでは利用用途が限られてしまいます。このようなアプリケーションに関してもapple storeに登録する時には一般のアプリケーションと同じように審査をうけなければなりません。審査にかかる時間を節約することができないので、効率が悪くなってしまうのです。さらに端末にインストールする時にappleIDが必ず必要となるというのもデメリットです。
しかしmdmを利用してアプリケーションをインストールできれば、ユーザーのappleIDは必要ありません。また面倒な審査に通す必要もありませんし、ユーザーのアクションも配布された時に表示されるインストール許可に同意するだけでOKです。
アプリケーションの説明だけですべて完了するのでとってもらくちんです。
mdmのアプリ配信からインストールまで

ビジネス業界に欠かせないモバイルデバイス

これからのビジネス業界ではモバイルデバイスとクラウドの活用は欠かせません。ビジネスで発展、成功するためにはモバイルデバイスをうまく活用しなければなりませんし、そこで他との差別化を図りたいところです。スマートフォンやタブレット端末は機動性、利便性に優れており、ちょっとしたビジネスチャンスも見逃さないツールと言えます。効率よく仕事をこなすことができるので、従業員の満足度も高められるモバイルデバイスを早く、適切に業務に導入していくというのが、今後の企業の課題となるでしょう。今後のビジネスには欠かせないモバイルデバイスですが、セキュリティリスクについてはしっかりと考えなければなりません。セキュリティリスクを考える上でmdmは欠かせません。mdmはあくまでもモバイルデバイスそのものを管理するためのツールになるので、モバイルデバイスの情報を一元管理するのと同時に、モバイルデバイスが盗難、紛失した時にはリモートロックやリモートワイプを管理者側から行える機能がついていますmdmとは。基本の基本です