Today is: Thursday, 16th August 2018
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

紛失・盗難、情報漏えい対策ができるmdmソリューション

mdmソリューションはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する上で欠かせない安全管理ツールになります。mdmソリューションを用いてスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括管理すれば、初期設定などの管理が楽になりますし、セキュリティ対策もばっちりになります。クラウド型のmdmソリューションはブラウザで簡単にモバイルデバイス端末の設定が可能になっています。
紛失、盗難、情報漏えい対策としては、モバイルデバイス端末内の大切な個人情報や業務ファイルなどの機密情報を外部へ漏洩しないようにしてくれます。モバイルデバイス端末管理ソリューションでは遠隔操作によってスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末のロック操作、ワイプ=初期化操作の機能によって情報漏えいを未然に防ぐことができます。
セキュリティ対策としてのmdmソリューションの機能には、リモートロック、リモートワイプの他、ローカルロック、ローカルワイプ、緊急時ロック解除などがあります。

Androidの端末管理に欠かせないmdm

企業でiPhoneやandroidなどのスマートフォンやタブレット端末の導入は進んでいます。利便性が高く、魅力的な部分が多いモバイルデバイス端末ですが、紛失盗難の不安がつきまとうのも事実です。企業の管理者にとっては利用者が社内の業務ルール、セキュリティポリシーを守っているかを確認する必要があります。
このような課題、問題点を解決する手段として各モバイルデバイス端末に搭載されているアプリや端末内情報、各種設定を一元管理するmdmというソリューションがあります。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、導入、運用が手軽に行えます。
SaaS型のmdmはオンプレミス型よりも初期費用を抑えて導入することが可能です。ただ管理する端末が1万台以上になる場合は、SaaS型よりもオンプレミス型の方がお得に端末管理が可能でしょう。
さらにmdmは情報収集して管理するサーバーがあればよいわけではなく、端末に対しての情報取得の要求、データ消去などの通知をプッシュ型で送る機能、仕組みが必要になってきます。

在宅勤務など幅広い業務形態が可能になるbyod事例

日本は海外に比べるとbyodの導入事例がまだまだ少ないという現状があります。日本の多くの企業では、会社が支給したノートパソコンやスマートフォン、タブレットなどのモバイルデバイス端末を従業員1人1人に支給しているのです。
しかし個人が私物として使用しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で使用することを許可するbyodを導入すれば、様々なメリットが得られ、業務効率アップにもつながります。
例えば、台風や大雨などで急に会社に出勤できないような場合でも在宅勤務で仕事を進めることができるという点は、byodの強みと言えます。
また近年では東京など首都圏ある会社が地方や海外の人と雇用契約を結びテレワークで仕事をするというビジネスモデルも確立しており、byodの可能性を広げています。在宅勤務など様々な働き方を提示できるbyodの導入事例は日本でも今後さらに飛躍していくことが考えられます。

VPPの使い方

VPPは法人企業や教育現場でモバイルデバイス端末を導入する場合には欠かせないプログラムと言えます。VPPを利用することで、大量のモバイルデバイス端末を導入する時に必要となるアプリケーションの購入、配布が非常にスムーズにおこなえるようになるのです。
業務で必要なアプリケーションを一括で購入し、ユーザーのデバイスに配布することで、企業や教育機関のユーザーが業務上利用するアプリを簡単に利用できるようにしてくれるのです。
VPPを利用するためにはまずはApple Deployment Programsのアカウントを作成する必要があります。このアカウントをVPPに登録して専用のappleIDを取得します。このappleIDでVPPストアにログインすれば、あらゆるビジネスツールを購入できるのです。
VPPアカウントの取得に必要なものとしては、メールアドレスとD-U-N-Sナンバーも必要です。
またVPPライセンスを配布するためには、VPPユーザー管理画面で対象ユーザーをVPPユーザーにしておきましょう。

組織におけるモバイル端末管理

会社など組織でモバイルデバイス端末を利用する場合、モバイル端末管理が重要になってきます。
モバイル端末管理を簡単に行えるツールとして人気なのがmdmです。mdmと一言でいっても様々な製品があり、その機能もたくさんあります。製品によってmdmの機能にも違いがあるため、その企業がどのような機能を必要としているかによって選択するmdmも変わってきます。
mdmの基本的な機能は、モバイル端末の画面ロックやパスワードの設定です。画面ロックやパスワードの設定を必須にすることで、企業データをより安全に保つことが可能です。またモバイルデバイス端末が紛失、盗難された時には、端末から企業情報をワイプすることもできます。
モバイル端末は業務の効率アップにつながるものの、使い方を間違えてしまうと業務に支障をきたしてしまいます。導入する企業としてはmdmをうまく活用することでモバイル端末管理が効率的にできるでしょう。

bring your own deviceによって得られるメリット

個人所有のスマートフォンやタブレットなどの業務で活用することをbring your own deviceと言います。
このbring your own deviceは個人、企業双方に大きなメリットをもたらしてくれます。
例えば個人側のメリットしては、bring your own deviceが導入されることによってモバイルデバイス端末を複数台持たなくてよくなります。また使い慣れたモバイルデバイス端末で仕事ができ、性能がよい端末で効率がアップするでしょう。
またワークライフバランスの改善にも効果的と言われています。
一方企業側のメリットとしては、モバイルデバイス端末購入コストの削減や在宅勤務によるオフィスコストの削減、生産性アップによる利益拡大、優秀人材の確保、災害時の在宅による業務継続などのメリットが考えられます。
ただ日本ではまだまだbring your own deviceは浸透していないと言われています。海外ではbring your own deviceを導入している企業は13%と言われていますが、日本においては4%程度しかありません。

セキュリティを重視したモバイル端末管理

mdmはモバイルデバイス端末管理のことであり、mdmの他にもmamやmcmなどの管理ツールがあります。
mamはモバイルアプリケーション管理のこであり、モバイルデバイス端末内にあるアプリケーションの設定や自動配信などを行う機能を備えています。
一方mcmは、モバイルコンテンツ管理ツールのことであり、専用のアプリケーションなどを利用することによって、組織のデータやコンテンツをセキュアに閲覧することができたり、編集することができたりする管理ツールになっています。
mamやmcmなどのソリューションはmdmと連携して利用することで、よりセキュリティを重視したモバイルデバイス端末管理が可能になっています。
mamやmcm管理ツールを利用することで、モバイルデバイス端末内にある機密情報や個人情報などのセキュリティ対策を強化することができるでしょう。モバイルデバイス端末の利用環境の安全性の構築を高めるためにもmdm、mam、m㎝は欠かせません。

mdmソリューションの重要性

mdmソリューションとはモバイルデバイス端末の安全管理ツールのことであり、企業や教育現場などで大量のモバイルデバイス端末を導入する上で欠かせない管理ツールになります。mdmソリューションによって企業で導入したモバイルデバイス端末を一元管理することによって、セキュリティ対策や資産管理、運用管理がスムーズに行えるようになります。
経営課題や業務課題への柔軟な対応や将来拡充への柔軟性を実現することができるのもmdmソリューションの強みです
mdmソリューションではスピーディーな効率的な作業を実現することができ企画から構築までを一気通貫で受託することも可能です。またノウハウに裏付けられた最適な手順を提供できるため、mdmの管理が成功することが企業としての成功にもつながります。
そのためmdmソリューションの選び方、何を基準にmdmソリューションを選ぶのか?は非常に重要なポイントとなっていくでしょう。

スマートフォンのセキュリティ対策にはmdm

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末導入時にはセキュリティ対策としてmdm導入が必要となります。
特に企業や教育現場などで大量のスマートフォンやタブレットを導入する場合、セキュリティ対策は必要不可欠であり、mdm導入を実施する企業や学校は非常に多いです。
mdmツールにおけるセキュリティ機能にはリモートロック、リモートワイプ、遠隔監視、デバイス制御、アプリケーション管理、フィルタリング、不正アプリ対策、バックアップ、暗号化機能などがあります。
リモートロックはネットワーク経由でコマンドを発行し、スマートフォンなどの端末を操作不能の状態にする機能になります。
リモートワイプは、ネットワーク経由でコマンドを発行し、端末を工場出荷時の状態に初期化する機能になります。
デバイス制御機能はセキュリティ機能や通信機能などの機能制限や設定変更が可能になる機能であり、遠隔監視はモバイルデバイス端末のハードウェアやOSなどの情報をリアルタイムに取得できる機能です。

教育現場でのApple DEPの重要性

Apple DEPとはapple社が提供している教育機関や企業向けのiOS端末導入支援サービスのことです。
Apple DEPを利用することで、企業や教育機関で大量のモバイルデバイス端末を導入する時に、効率よく簡単に導入できるようになります。
iPhoneやiPadなどiOS端末を学校や企業が導入する場合、管理者の作業負担は非常に大きいです。デバイスを使用可能にする事前準備であるキッティング作業は非常に面倒です。
このキッティング作業を大幅に軽減できるようにしたのがApple DEPなのです。
教育現場では政府が掲げる2020年までに1人1台タブレット構想を実現するため、全国各地の教育機関でICT環境の導入が急ピッチで進められています。
学校へのタブレット導入時に管理者の負担となるのが管理対象端末のキッティング作業です。
この作業を簡単にしてくれるApple DEPを利用した場合、管理対象端末への設定が無線ネットワーク経由で行えるため、端末を手元に集める作業がなくなります。