Today is: Saturday, 21st October 2017
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

mdmによる運用管理の効率化

mdm管理によってスマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスを導入することで、運用管理の効率化が図れます。スマートフォンやタブレット端末を従業員善人に配布するということは非常に手間がかかるということです。管理担当者はモバイルデバイスを導入する時に、機能設定をしなければなりませんし、配布後の設定変更や業務アプリケーションやファイルの配布など、いくつもの設定変更をしなければならない状況になってくるかもしれません。
この場合mdmで管理していないと、設定変更の度にスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを回収しなければならず、業務にかかる負荷は莫大なものになってしまうのです。
しかしmdmを導入していれば、このような問題の対策が可能となります。すべてのモバイルデバイスを回収しなくても遠隔操作による設定変更や利用制限などが可能になるのです。さらにはモバイルデバイスの情報収集、一元管理もできるでしょう。MDM

mdmで利用できる機能とは?

Mdmツールを利用してモバイルデバイスを一元管理することで企業のビジネス効率は各段にアップします。つまりmdmを利用することで運用管理を効率化できるのです。Mdmでは管理端末数に対してライセンスを発行することになるので管理端末総数を越えなければライセンスの使いまわしは可能です。またマルチOSに対応しているので、ライセンス移動も難しくありません。さらに一つのツールですべてのモバイルデバイスを管理することができるのもmdmの特徴です。マルウェア対策、アクセス制限などのセキュリティ機能、各グループへの機能制限、端末データのバックアップなど様々な機能を提供してくれるので管理がしやすいです。
さらにmdmは新しい技術にも対応しています。例えばapple社が提供するVPPやDEP、Googleが提供するandroid for workなどにも対応しているのです。
もちろんこの他にも基本的な機能としてリモートコントロール、専用端末化、アプリの一括配信、端末情報監視、端末機能のカメラの使用制限、ウィルス対策なども行えます。
iOS端末でmdmを利用する人のために

mdmによるアプリのインストールは楽ちん?!

モバイルデバイスを企業で導入した場合、mdmによる一括管理を行うのが一般的になっています。Mdmを利用することでアプリのインストールなどが簡単になります。
例えば社内システムに接続するための特別なセキュリティ設定がしてあるアプリケーションでは利用用途が限られてしまいます。このようなアプリケーションに関してもapple storeに登録する時には一般のアプリケーションと同じように審査をうけなければなりません。審査にかかる時間を節約することができないので、効率が悪くなってしまうのです。さらに端末にインストールする時にappleIDが必ず必要となるというのもデメリットです。
しかしmdmを利用してアプリケーションをインストールできれば、ユーザーのappleIDは必要ありません。また面倒な審査に通す必要もありませんし、ユーザーのアクションも配布された時に表示されるインストール許可に同意するだけでOKです。
アプリケーションの説明だけですべて完了するのでとってもらくちんです。
mdmのアプリ配信からインストールまで

ビジネス業界に欠かせないモバイルデバイス

これからのビジネス業界ではモバイルデバイスとクラウドの活用は欠かせません。ビジネスで発展、成功するためにはモバイルデバイスをうまく活用しなければなりませんし、そこで他との差別化を図りたいところです。スマートフォンやタブレット端末は機動性、利便性に優れており、ちょっとしたビジネスチャンスも見逃さないツールと言えます。効率よく仕事をこなすことができるので、従業員の満足度も高められるモバイルデバイスを早く、適切に業務に導入していくというのが、今後の企業の課題となるでしょう。今後のビジネスには欠かせないモバイルデバイスですが、セキュリティリスクについてはしっかりと考えなければなりません。セキュリティリスクを考える上でmdmは欠かせません。mdmはあくまでもモバイルデバイスそのものを管理するためのツールになるので、モバイルデバイスの情報を一元管理するのと同時に、モバイルデバイスが盗難、紛失した時にはリモートロックやリモートワイプを管理者側から行える機能がついていますmdmとは。基本の基本です

灯台下暗し

企業からの個人情報の流出、漏洩となるとメディアが騒ぎ立てる大ニュースともなる事件だ。MDMサービスによって強くアピールされる部分に「紛失」や「盗難」といったケースへの対応が目立つように、業務用スマホの取り扱いには十分に注意しなければならない。一方で、盗難や紛失が元で情報が漏洩するというケースは「想定」こそされど、事例として決して多い部類ではない。情報漏洩の事例として多いのは、残念な事に内部の人間の犯行である事が大多数を占め、内部の物理的なセキュリティー問題である事が多い。PCをスマホを有線接続し「充電しているフリ」をしつつデータをスマホに転送していたという事例もある。元来「USBメモリ」などへのデータ移動はセキュリティーシステムにより禁止されていたが、スマホが抜け道となった例だ。勿論現在ではこの手は使えない事の方が多い。似たような手口としてロッカーの私用端末に社用端末からBluetoothで情報を無線送信していた例もある。身内を疑いだしてはキリがないが、対策だけは怠らないようにしたい。未然に防ぐ事が社の財産と社員を守る事にも繋がるのだから。企業の情報漏えいにはmdmが最適

教育機関で必要になるmdm管理とは?!

学校でタブレット端末を授業に取り入れる場合には、mdm管理を活用する必要があります。Mdmを提供するメーカーの中には教育機関を対象としたスマートデバイスの遠隔管理ソリューションを提供するところも増えています。
教育機関のモバイルデバイス導入に特化したmdmでは効率的にアプリケーションが配布できるように管理設定してくれます。アプリケーションの導入をしなければならない度に1台1台回収して設定するのには手間がかかり、無謀です。そこでmdm機能を使うことで、遠隔操作で一括インストールをすることが可能になります。またアプリのインストールだけではなく、年次イベントや運用改善などで発生してくるタブレット端末の設定変更などもすべてmdmが行ってくれるので非常に楽ちんです。
またアプリケーションの設定やインストールは遠隔操作で行えるだけではなく、グループ単位でも設定が可能です。クラス替えになって不要になってしまったアプリケーションの削除も一括管理が可能になっています。
学校に配置されるmdm

情報漏洩防止を未然に防ぐ方法

スマートフォンやタブレットを企業で導入したいとなった時に、たくさんあるスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを一括で管理できるシステムがなければ運用、管理は難しいでしょう。モバイルデバイスの一括管理ができるサービスとしてmdmがあります。スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスを使い始めるのに最低限必要になるのが盗難と紛失時に情報漏洩しないように防ぐことでしょう。この部分は非常にセンシティブな問題であり、企業でモバイルデバイスを導入する際にはしっかりと情報漏洩防止策を考えておかなければなりません。Mdm管理を利用すれば、シンプルな操作性で、盗難紛失対策を行ってくれます。例えば紛失、盗難時にモバイルデバイスの起動ロックや初期化を遠隔操作することが可能です。こうするのことによって第3者への情報漏洩を未然に防ぐことができます。そのほか、メッセージ通知、位置情報の探知など盗難、紛失時の簡易対策も可能です。デバイスのロック、削除を行う前に利用される機能も充実しています。mdmでできる基本情報

穴は内側から

近年に入り様々な分野で個人情報の漏洩やサイバーテロ被害などがマスコミでも取りざさたれている。行政側からのマイナンバー流出事件など多くの国民を不安にさせた事例もある。こういった事件事故が起こる度にセキュリティーの重要性を再認識するだろう。多額の費用をかけ高度なセキュリティーやMDMによる端末管理、行き届いた社員教育、様々な手段を講じてもゼロにはならない。いわゆる「ハッカー」と呼ばれる悪意ある第三者とセキュリティー業者は常々「いたちごっこ」だというイメージも強く、幾重にも張り巡らされたセキュリティーをこじ開けで情報を盗んでいく、さながら「強盗」のような物を想像するかも知れないが、実際はもっと単純な手にコロっと引っかかっているケースの方が多い。会社の「偉い人」を語り「添付したファイルを確認しておくように」の電話一本であっさりとウイルスに感染してしまう。システムがいかに強固であれ、それを使うのは人間である。ゆえにミスをゼロにするのは難しい。しかしできない事ではない筈だ。アナログな考え方ではあるが「二重三重のチェック体制」というのは今後も有効なセキュリティー措置である事には変わりない。

お古の端末

スマホの進化速度は衰え知らず。毎月のように新機種が発売されており、スマホを取り巻く環境もそれに牽引されるように進化を続けている。特に通信技術の進歩は著しく、2020年を目処に第5世代移動通信システム、通称「5G」のサービス開始を目標に掲げている。これが一般的になってくれば必然的に端末もまた「世代交代」を余儀なくされるだろう。それでなくとも、最新技術を追従するならかなりの頻度で買い替えも検討しなくてはいけない。特に端末OSのバージョンが変わってしまうと、一気に時代遅れの烙印を押されてしまう。とは言え、型落ちのスマホであっても小型軽量高性能である点は変わりない。使わなくなった端末は当然ながら「契約」を切るのだが、電話としての役目を終えた端末でも活用の場は残っている。社内での利用に限れば、Wi-Fi環境下であれば文字通り「端末」としてはまだまだ利用可能である。mdm管轄下で適切に管理されていればデータの配布や閲覧、会議用の「資料」を見る専用の端末などアイデア次第では様々な用途での活用が可能である。mdmとは

mdmとPC

mdmの導入により社内で使用する端末の一元管理が可能なのだが、mdmのmはモバイル。当然ながら携帯端末の話になるが、社内では通常のパソコンを使用しているケースが大半であろう。そういう意味ではモバイルとPC、双方の一元管理が望ましい。元よりmdmの一番の導入目的はセキュリティー面での堅牢性の確保にある。それは社内で扱うPCにも同じ事が言える。モバイル端末の社内利用はここ数年で爆発的に増加傾向にあるが、オフィスにパソコンがある風景は数十年を遡れる。当然、PC周りにもセキュリティー対策は必要不可欠で、すでに何らかの対策は施されている事だろう。つまり新たにmdmの導入となると、PCとモバイル双方に異なったセキュリティーを適応するという事にもなり、場合によってはコストの増加、二度手間が発生する。サービスの内容にもよるが、モバイル、PC双方に対応するサービスを選ぶことで、少なくとも管理者の負担は減らすことが可能だろう。使用中のPCセキュリティーサービスがmdmサービスを提供している事もあるので、導入の際には利用中のサービスも含めての検討が必要となる。MDMとは – MoDeM