Today is: Monday, 17th December 2018
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

mdm市場拡大によるモバイルデバイス端末を利用した業務の拡大

企業におけるスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の利用は、メリットだけではありません。
情報漏えいのリスク、不正利用、モバイルデバイス端末管理の負担などいくつも課題があります。しかしこの課題を解決することが出来れば、業務効率アップにつながり、企業として成長するためにはモバイルデバイス端末を利用した業務は今後さらに必要性が増していくでしょう。
企業でのモバイルデバイス端末の利用における課題を解決する方法、ツールとしておすすめしたいのがmdmです。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、大量に導入されたスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括して管理することができるソリューションです。
mdm市場はスマホやタブレットなどのモバイルデバイス端末市場が拡大するとともに、比例して急成長しています。それぞれのmdm製品によって、管理できる機能や特徴には差があるので、企業にとってよりよい機能を求める必要があるでしょう。

現代社会におけるモバイルデバイス端末の重要性

ビジネス環境は日に日に変化しています。近年のビジネス環境においてはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の業務における活用は必要不可欠な時代となりつつあります。
移動中、在宅中、アポイントの空き時間、待ち時間など、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末があれば、それらの隙間時間を有効活用できます。メールチェック、資料の確認などちょっとした業務であれば、スマートフォンやタブレットがあれば、すぐにできるでしょう。業務効率化を図る上でモバイルデバイス端末は欠かせません。
これらのモバイルデバイス端末の導入を検討する上で大切になってくるのが、大量に導入するモバイルデバイス端末をどのように管理するのか?ということでs。
モバイルデバイス端末の管理を行うツールとして一般的なのがmdmです。mdmはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、セキュリティ強化や資産管理のためには欠かせません。
モバイルデバイス端末の紛失・盗難による不正使用や情報漏えいのリスクが高まります。

mdmの基本的機能、リモートワイプとは?

リモートワイプはmdm機能の中でも基本中の基本と言える機能になります。
mdmとはモバイルデバイス端末管理ツールのことであり、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で使用する場合にはmdmでの一元管理が重要になります。
リモートワイプは遠隔操作でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末内の情報をすべて消してしまう機能であり、遠隔消去と呼ばれることもあります。このリモートワイプは、スマートフォンやタブレットをどこかに忘れてきてしまったり、盗まれてしまったりした時に、そのモバイルデバイス端末内に保存してあった全ての情報が外部に流出するのを防ぐために画期的な機能と言えます。リモートワイプの他にもリモートロックのように遠隔操作で、モバイルデバイス端末を操作できないようにロックする機能なども、リモートワイプと合わせて付いている機能があります。mdmは製品によって機能が異なるので、必要最低限の機能はもちろんのこと、企業として求める機能が付いているmdmを選ぶべきでしょう。

モバイル端末管理ツールのmdm

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で活用する場合、それらのモバイルデバイス端末を円滑に管理する必要があります。きちんと管理ができていないと、モバイルデバイス端末の不正使用によって、業務の効率が著しく低下してしまったり、モバイルデバイス端末内に保存してあった情報が外部に流出してしまう恐れもあります。
モバイルデバイス端末は利便性がよく、業務には欠かせないアイテムになりつつあるものの、その反面、しっかりと管理をしなければ逆に企業にとってはデメリットになることを覚えておく必要があります。
モバイルデバイス端末管理のツールとしてよく用いられるのがmdmです。mdmはmobile device deplomentの略であり、スマートフォンやタブレットなどを企業や組織で一括して支給する場合それら全ての端末を管理するためのツールとなります。
mdmを導入することで、企業側は管理がしやすくなり、円滑にモバイルデバイス端末を活用できるでしょう。

mdm製品の比較

スマートフォンやタブレットはコミュニケーションツールとして現代の生活に欠かせない存在となっています。
優れた特性を持っている反面、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は普及が先行してしまったためにセキュリティ機能は発展途上の段階にあると言っても過言ではありません。
そのためmdm市場では様々なmdm製品が登場しており、試行錯誤されている現状があります。その機能や方式もmdm製品によって千差万別になっているので、どのような機能を求めるのか?価格はどれくらいがよいのか?など企業として必要なニーズを決めた上でmdm製品の比較を行う必要があるでしょう。
世の中に統一したmdmの定義がないというのが現在のmdmの現状と言えるでしょう。mdm導入検討に当たっては、セキュリティ対策ステップを踏まえて利用する企業システムの構成と守るべき情報資産管理、それらのセキュリティリスクを分析した上でmdm製品を比較するようにしましょう。

mdm比較ポイントで重要なbyod

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を企業などで大量に導入する場合、それらすべてのモバイルデバイス端末を一括して管理するのは非常に大変です。
そこでmdmを導入して一括管理をmdmに任せる企業が増えています。mdmは情報漏えいのリスク対策や、セキュリティ強化にも欠かせませんし、アプリケーションやコンテンツデータの管理ツールも可能になっているmdmもあります。
mdm製品は多くのメーカーから登場しており、基本的機能は同じであるものの、それぞれ特徴やできる管理が異なります。
企業にとってどのような管理や機能を求めているのかが違うので、それぞれの企業、組織にあったmdmを選ぶ必要があります。
中でもmdmを比較する時にチェックしておきたいポイントがbyodです。byodとは個人所有のスマートフォンやタブレット端末を業務で使用することを言います。企業によってはbyodを導入しているところもあるので、その企業ではmdmがbyodに対応しているかはきちんと確認しておきたいポイントと言えるでしょう。

mdmの基本的機能、リモートワイプとは?

スマートフォンやタブレットなどモバイルデバイス端末を一括管理するためのツールであるmdmには様々な機能があります。
その中でも基本的な機能として知られているのがリモートワイプです。リモートワイプはモバイルデバイス端末によく起こる紛失や盗難時の情報漏えいのリスクを最小限に抑えるための、セキュリティ対策になります。
リモートワイプとは遠隔操作でモバイルデバイス端末内のデータを消去する機能になります。これに似た機能としてリモートロック機能も多くのmdmで備えられている機能になります。
リモートロックは遠隔操作でモバイルデバイス端末を利用禁止にする機能になります。
リモートワイプ機能が付いていることで、モバイルデバイス端末を紛失してしまったり、盗難されたりした時でも情報が外部に漏れ出るのを予防することができます。
このリモートロック、リモートワイプという機能はほとんどmdm製品で装備されている機能であり、多くの企業で用いられています。

mdm導入による情報漏えい防止のメリット

mdm導入はスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で円滑に使用するためには欠かせないソリューションです。
このmdmを導入してスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを一括管理することが出来れば、業務の効率化だけではなく、管理コストの削減、セキュリティ対策の強化などにつながります。
mdm導入に伴う最も大きな導入メリットと言えば、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を紛失したり、盗難されたりした時に情報漏えいを防ぐことができることです。
モバイルデバイス生じるリスクは非常に多岐にわたります。そのリスクはパソコンに対するリスクと何ら変わりありません。リスクとしては、盗難、紛失が最も多いですが、そこから派生するウイルスプログラム、不正アクセス、システム情報の漏洩なども考えらえます。
mdmはモバイルデバイス端末を紛失、盗難した時に、遠隔操作でモバイルデバイス端末にある必要なデータを遠隔で消去できる機能になります。
この対策ができることで、悪意のある人物がモバイルデバイス端末内に情報を外部に漏らす可能性が低くなります。

Apple DEPで効率よい初期設定をする

Apple DEPとはiphoneやiPadなどのiOSを手掛けるapple社が提供する企業向けのiOS端末導入支援サービスのことを言います。Apple DEPのプログラムを利用すると、iPhoneやiPadなどの導入作業を簡略化することができるので、企業の管理者にとっては非常に便利なサービスと言えるでしょう。
効率的にモバイルデバイス端末の導入、初期設定が可能になります。
企業や教育機関などでスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入場合、セキュリティの設定、利用環境情報、利用できるアプリケーションの設定など、利用する目的、用途に応じて様々な設定をおこなわなければなりません。この設定がきちんと行われていないと、円滑にモバイルデバイス端末を利用することはできないでしょう。
通常であればスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を購入してから、管理者がモバイルデバイス端末を1台ずつ設定することになります。Apple DEPを利用すれば、その作業は非常に簡単になるのです。

紛失・盗難、情報漏えい対策ができるmdmソリューション

mdmソリューションはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する上で欠かせない安全管理ツールになります。mdmソリューションを用いてスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一括管理すれば、初期設定などの管理が楽になりますし、セキュリティ対策もばっちりになります。クラウド型のmdmソリューションはブラウザで簡単にモバイルデバイス端末の設定が可能になっています。
紛失、盗難、情報漏えい対策としては、モバイルデバイス端末内の大切な個人情報や業務ファイルなどの機密情報を外部へ漏洩しないようにしてくれます。モバイルデバイス端末管理ソリューションでは遠隔操作によってスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末のロック操作、ワイプ=初期化操作の機能によって情報漏えいを未然に防ぐことができます。
セキュリティ対策としてのmdmソリューションの機能には、リモートロック、リモートワイプの他、ローカルロック、ローカルワイプ、緊急時ロック解除などがあります。