Today is: Wednesday, 13th June 2018
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

セキュリティを重視したモバイル端末管理

mdmはモバイルデバイス端末管理のことであり、mdmの他にもmamやmcmなどの管理ツールがあります。
mamはモバイルアプリケーション管理のこであり、モバイルデバイス端末内にあるアプリケーションの設定や自動配信などを行う機能を備えています。
一方mcmは、モバイルコンテンツ管理ツールのことであり、専用のアプリケーションなどを利用することによって、組織のデータやコンテンツをセキュアに閲覧することができたり、編集することができたりする管理ツールになっています。
mamやmcmなどのソリューションはmdmと連携して利用することで、よりセキュリティを重視したモバイルデバイス端末管理が可能になっています。
mamやmcm管理ツールを利用することで、モバイルデバイス端末内にある機密情報や個人情報などのセキュリティ対策を強化することができるでしょう。モバイルデバイス端末の利用環境の安全性の構築を高めるためにもmdm、mam、m㎝は欠かせません。

mdmソリューションの重要性

mdmソリューションとはモバイルデバイス端末の安全管理ツールのことであり、企業や教育現場などで大量のモバイルデバイス端末を導入する上で欠かせない管理ツールになります。mdmソリューションによって企業で導入したモバイルデバイス端末を一元管理することによって、セキュリティ対策や資産管理、運用管理がスムーズに行えるようになります。
経営課題や業務課題への柔軟な対応や将来拡充への柔軟性を実現することができるのもmdmソリューションの強みです
mdmソリューションではスピーディーな効率的な作業を実現することができ企画から構築までを一気通貫で受託することも可能です。またノウハウに裏付けられた最適な手順を提供できるため、mdmの管理が成功することが企業としての成功にもつながります。
そのためmdmソリューションの選び方、何を基準にmdmソリューションを選ぶのか?は非常に重要なポイントとなっていくでしょう。

スマートフォンのセキュリティ対策にはmdm

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末導入時にはセキュリティ対策としてmdm導入が必要となります。
特に企業や教育現場などで大量のスマートフォンやタブレットを導入する場合、セキュリティ対策は必要不可欠であり、mdm導入を実施する企業や学校は非常に多いです。
mdmツールにおけるセキュリティ機能にはリモートロック、リモートワイプ、遠隔監視、デバイス制御、アプリケーション管理、フィルタリング、不正アプリ対策、バックアップ、暗号化機能などがあります。
リモートロックはネットワーク経由でコマンドを発行し、スマートフォンなどの端末を操作不能の状態にする機能になります。
リモートワイプは、ネットワーク経由でコマンドを発行し、端末を工場出荷時の状態に初期化する機能になります。
デバイス制御機能はセキュリティ機能や通信機能などの機能制限や設定変更が可能になる機能であり、遠隔監視はモバイルデバイス端末のハードウェアやOSなどの情報をリアルタイムに取得できる機能です。

教育現場でのApple DEPの重要性

Apple DEPとはapple社が提供している教育機関や企業向けのiOS端末導入支援サービスのことです。
Apple DEPを利用することで、企業や教育機関で大量のモバイルデバイス端末を導入する時に、効率よく簡単に導入できるようになります。
iPhoneやiPadなどiOS端末を学校や企業が導入する場合、管理者の作業負担は非常に大きいです。デバイスを使用可能にする事前準備であるキッティング作業は非常に面倒です。
このキッティング作業を大幅に軽減できるようにしたのがApple DEPなのです。
教育現場では政府が掲げる2020年までに1人1台タブレット構想を実現するため、全国各地の教育機関でICT環境の導入が急ピッチで進められています。
学校へのタブレット導入時に管理者の負担となるのが管理対象端末のキッティング作業です。
この作業を簡単にしてくれるApple DEPを利用した場合、管理対象端末への設定が無線ネットワーク経由で行えるため、端末を手元に集める作業がなくなります。

byod事例で見えてくるbyodの問題点とは?

企業でのスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末導入はビジネス効率を高めるためには欠かせません。多くの企業ではモバイルデバイス端末の大量導入をしておりますが、その事例の中にはBYODを行う企業も少なくありません。Byodとは、個人が所有するモバイルデバイス端末を業務でも使用するというものです。
BYODをするにあたり、いくつかの課題事例も見えてきます。例えば通信費の負担や盗難・紛失された場合のルールなどが明確になっていない場合です。
業務時間外に個人のモバイルデバイス端末を利用する時の通信費はどうするか?などの規定や盗難・紛失時の届け出のルールなどもしっかりと決めなければなりません。
また従業員のセキュリティ対策に不安がある端末を業務で使用するのは抵抗がある…という企業もいます。そこでbyodするのであれば、mdmソリューションなどを用いて一括できちんと管理することが重要となってきます。byod

mdm導入により端末一括設定、管理が可能

mdmを導入することで、スマホやタブレットなどのスマートデバイス端末のセキュリティリスクを抑えることができます。スマホやタブレットは持ち運びするために作られたデバイス端末であり、非常に高機能です。しかし携帯性がよいという反面、紛失や情報流出しやすいといったリスクも併せ持っているのです。しかしmdm導入をおこなえばスマートデバイス端末に起こりうる、端末紛失時の情報漏えい、悪意のある第三者の不正使用、異常状態にある端末放置、信頼性の低いWi-Fi接続、悪質なアプリのダウンロードなどのセキュリティリスクから守ることができるです。これらのリスクであればmdmツールで簡単に一括管理することができるのです。mdmをスマートデバイス端末に設定するだけで管理者が一元管理できますので、パソコンに強くない管理者であっても問題なく一元管理をすることができるでしょう。mdm導入に伴うメリットはたくさんあり、おすすめです。Ascent Networks MoDeM

mdmソリューションの重要性

スマートフォンやタブレットの導入はメリットが多く、効率よく業務を進めるためにも欠かせないツールとなっています。しかしモバイル端末の大量導入は初期設定が大変です。また導入した後もモバイル端末の紛失による社外秘情報の流出が心配・・という企業も多いでしょう。そのためモバイルデバイス端末を導入する場合には、mdmソリューションでの管理がおすすめです。
Mdmソリューションでの管理をせずに導入した場合、初期設定も管理者が全て行わなければなりません。使用制限などの管理を一括して行っていなければ、業務外の利用が増えてしまうということも考えられます。
Mdmソリューションによるモバイルデバイス端末管理をおこなえば、パソコン、スマホ、タブレットなど全てのデバイス端末を一括管理することが可能です。
また専用サーバーの必要もなく、ネットワーク設定もなし。詳しい知識がなくても特に問題はありません。
マルチOSに対応しているmdmソリューションであれば、資産管理として端末情報を一括管理できます。MDMとは?企業のモバイルデバイスを安全管理

mdmの資産管理

Mdmツールによるスマートフォンやタブレット端末の一括管理は、セキュリティ対策や管理の効率化など様々な目的で導入されています。Mdmツールを利用する理由の1つには、IT資産管理や運用サポート機能などを期待している企業もいるでしょう。登録しているスマートデバイス端末ごとの設定情報やインストールアプリ、位置情報などの資産情報をしっかりと管理できる機能が、IT資産管理機能になるのです。
資産情報としては、管理しているスマートデバイスのハードウェア情報、設定情報を取得できる機能になります。管理に必要な項目を任意で登録することもできるのです。また各種スマートデバイス端末の情報はCSVファイルで出力することもできるので、資産台帳としても活用することができると人気を集めています。ただスマートデバイス端末のOSやOSバージョンによって取得できる項目は異なりますので、OSをしっかりとチェックして、どの情報を取得できるかを把握しておくとよいでしょう。MDMとは?企業のモバイルデバイスを安全管理

スマートデバイス端末普及に伴いmdmも普及

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は急激に普及しています。これらのスマートデバイス端末機器は非常に優れた特徴がありビジネスや学習において欠かせないツールとなってきています。その需要はさらに伸びていくでしょう。多くの企業で積極的に利用されているmdmツールですが、便利さがある反面、その裏返しになる問題も起こる可能性があります。特に注意したいのがスマートデバイス端末の持ち運び時の盗難や紛失です。手軽に持ち運べるというのはメリットになる反面、落としてしまう、盗まれてしまうといったリスクを高めてしまう要因ともなります。
盗難、紛失されて第3者にスマートデバイス端末が渡った場合、スマートデバイス内に入っていた個人情報や機密情報など情報漏えいのリスクが高まります。そこでmdmツールで一元管理することで管理の負担を軽減し、最悪のリスクを防止することができるようになるのです。mdmツールによってビジネス効率アップにもつながります。remote wipe

mdmが普及している

ここ3~4年で教室へのタブレット導入が進んでおり、多くの教育現場でタブレットなどのスマートデバイスを使った授業が行われるようになってきています。教育機関と一言でいっても様々な場所があります。大学や私立高校などではいち早くタブレットが導入されておりましたが、ここ最近では公立小学校においても、授業で使用するツールの一環としてタブレット端末が活用されつつあります。公開授業、発表会などでの活用はもちろん、日々の授業や講義の中でもタブレット端末は使用されています。
文部科学省では2020年には1人1台のタブレットの導入をすすめるという話もそう難しい話ではなく、現実味があります。
タブレット導入件数が増えてくると問題となってくるのが、タブレットの運用管理についてです。
タブレットの運用管理を効率的に、そして正確に行うためにはmdmが必要になってきます。
Mdmツールは教育現場においても、子供たちが安全に学習する環境を整える手段として欠かせません。MDM(Mobile Device Management)とは?