Today is: Wednesday, 24th April 2019
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

byodの導入方法が課題となる

byodをうまく導入するためにはいくつかの課題があり、それらの課題をクリアにする必要があります。企業の生産性と従業員の満足度を両立させる導入方法を検討することがboydを導入する上で一番の課題となるでしょう。急速に普及するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の法人利用は、日本国内においても顕著になってきています。
今や、こどもやお年寄りでもスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用する時代になっており、業務で用いることも当たり前となりつつあります。
この業務でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、新たな流れとなっているのがbyodです。byodはスマートフォンやタブレットを、会社が従業員に支給する導入方法では、従業員個人がプライベートで所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも利用する導入方法になります。
ビジネスでは業務メールの送受信、スケジュールリンク、グループウェア、連絡先の閲覧などを行いますが、プライベートでは今まで通りのモバイルデバイス端末の利用が可能です。

Leave a Reply