Today is: Thursday, 16th August 2018
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

在宅勤務など幅広い業務形態が可能になるbyod事例

日本は海外に比べるとbyodの導入事例がまだまだ少ないという現状があります。日本の多くの企業では、会社が支給したノートパソコンやスマートフォン、タブレットなどのモバイルデバイス端末を従業員1人1人に支給しているのです。
しかし個人が私物として使用しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で使用することを許可するbyodを導入すれば、様々なメリットが得られ、業務効率アップにもつながります。
例えば、台風や大雨などで急に会社に出勤できないような場合でも在宅勤務で仕事を進めることができるという点は、byodの強みと言えます。
また近年では東京など首都圏ある会社が地方や海外の人と雇用契約を結びテレワークで仕事をするというビジネスモデルも確立しており、byodの可能性を広げています。在宅勤務など様々な働き方を提示できるbyodの導入事例は日本でも今後さらに飛躍していくことが考えられます。

Leave a Reply