Today is: Monday, 17th September 2018
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

VPPの使い方

VPPは法人企業や教育現場でモバイルデバイス端末を導入する場合には欠かせないプログラムと言えます。VPPを利用することで、大量のモバイルデバイス端末を導入する時に必要となるアプリケーションの購入、配布が非常にスムーズにおこなえるようになるのです。
業務で必要なアプリケーションを一括で購入し、ユーザーのデバイスに配布することで、企業や教育機関のユーザーが業務上利用するアプリを簡単に利用できるようにしてくれるのです。
VPPを利用するためにはまずはApple Deployment Programsのアカウントを作成する必要があります。このアカウントをVPPに登録して専用のappleIDを取得します。このappleIDでVPPストアにログインすれば、あらゆるビジネスツールを購入できるのです。
VPPアカウントの取得に必要なものとしては、メールアドレスとD-U-N-Sナンバーも必要です。
またVPPライセンスを配布するためには、VPPユーザー管理画面で対象ユーザーをVPPユーザーにしておきましょう。

Leave a Reply