Today is: Saturday, 21st October 2017
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

お古の端末

スマホの進化速度は衰え知らず。毎月のように新機種が発売されており、スマホを取り巻く環境もそれに牽引されるように進化を続けている。特に通信技術の進歩は著しく、2020年を目処に第5世代移動通信システム、通称「5G」のサービス開始を目標に掲げている。これが一般的になってくれば必然的に端末もまた「世代交代」を余儀なくされるだろう。それでなくとも、最新技術を追従するならかなりの頻度で買い替えも検討しなくてはいけない。特に端末OSのバージョンが変わってしまうと、一気に時代遅れの烙印を押されてしまう。とは言え、型落ちのスマホであっても小型軽量高性能である点は変わりない。使わなくなった端末は当然ながら「契約」を切るのだが、電話としての役目を終えた端末でも活用の場は残っている。社内での利用に限れば、Wi-Fi環境下であれば文字通り「端末」としてはまだまだ利用可能である。mdm管轄下で適切に管理されていればデータの配布や閲覧、会議用の「資料」を見る専用の端末などアイデア次第では様々な用途での活用が可能である。mdmとは

Leave a Reply