Today is: Saturday, 21st October 2017
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

単に取り入れるだけではダメ

日本の営業スタイルとアメリカの営業スタイルが違うために、アメリカの営業支援システムであるSFAは日本の営業マンには不向きだと言われていますよね。

営業プロセス、営業方法、情報入手の方法など。また、日本の営業マンは取引先の人、つまり個人同志での商談が昔から行われ、経験や勘が重視されてきました。そのため、全体で共有しながら営業を進めていく営業支援システムは使いにくいさがあるんですね。

では、どのようにすればアメリカスタイルの営業にシフトチェンジできるのか。それは、グループウェアと連動が最も近い道だと言われています。これまで使っていたスケジュールの管理や営業日報、取引先との連絡などをこれまでと同じようにすすめつつ、社内、グループ内で共有できるようにしていくんだそうです。これだと、営業マンへの負担が少なく、いつも通りの入力で見える化できるので楽ですよね。さらには営業スタイルを統一する、というSFAも最近は作られているとか。

日本の営業スタイルとのミキシングが、重要なんですね。

sfa

Leave a Reply