Today is: Monday, 6th July 2015
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

『Google Apps for Work』を導入している全日本空輸株式会社

オンラインストレージ『Evernote』といえば個人向けのアプリケーションだというイメージがありませんか?ただ個人向けといっても仕事で使っているという人は多くいました。活用シーンは、会議で使ったホワイトボードや街中で見かけた営業のタネを撮影メモしておいたり、名刺画像を文字認識技術を使って管理したり…Evernoteのユーザーからは、企業の業務でも安全に利用できるようにして欲しいという希望が多くあったそう。そこで作られたのが『Evernote Business』でした。個人向けアプリケーションと違う点は、複数でファイルを共有できるコラボレーション機能や管理機能などを含めたセキュリティ機能を搭載している点でしょう。それでいて従来のように使いやすくシンプルであることにこだわったのだそう。『Evernote Business』がリリースされるまでにたくさんの試行錯誤があったそうですよ。自分たちが納得できるものでないという理由でリリース発表を先送りしたり…だからこそ完成した『Evernote Business』は、誰が使っても使いやすいものなのだと思います。

『Evernote』から『Evernote Business』へ

オンラインストレージ『Evernote』といえば個人向けのアプリケーションだというイメージがありませんか?ただ個人向けといっても仕事で使っているという人は多くいました。活用シーンは、会議で使ったホワイトボードや街中で見かけた営業のタネを撮影メモしておいたり、名刺画像を文字認識技術を使って管理したり…Evernoteのユーザーからは、企業の業務でも安全に利用できるようにして欲しいという希望が多くあったそう。そこで作られたのが『Evernote Business』でした。個人向けアプリケーションと違う点は、複数でファイルを共有できるコラボレーション機能や管理機能などを含めたセキュリティ機能を搭載している点でしょう。それでいて従来のように使いやすくシンプルであることにこだわったのだそう。『Evernote Business』がリリースされるまでにたくさんの試行錯誤があったそうですよ。自分たちが納得できるものでないという理由でリリース発表を先送りしたり…だからこそ完成した『Evernote Business』は、誰が使っても使いやすいものなのだと思います。

エモパーって何?

ソフトバンクから法人向けスマートフォンとしても紹介されている機種AQUOS CRYSTAL X。昨年の12月に出た新しい機種ですが、このスマホ、「シーンに応じてタイミングよく、まるで友達のように、声や表示でさりげなくメッセージを伝えてくる。」というエモパーの機能が搭載されているんですって。具体的には、話す機能と表示する機能があり、話す機能では現在の電池残量と気持ちをひとこと話したり、使い初めて100日経過したらそれを記念日のように知らせてくれたり、朝起きると「今日は何の日」かをお知らせするなど。表示する機能では定期的にニュースの検索急上昇ワードや映画情報を知らせたり、外出先、出張先で近くのコンビニやご当地グルメ情報を知らせてくれたり、また外出先での滞在時間も教えてくれるとのこと。かえって面倒^^と思えるものもありますが^^でも助かるものもありますよね。AQUOS CRYSTAL Xには他にも本体を握るだけで着信や時間の確認ができるグリップマジックや、気になるワードを指でなぞりながらカメラをかざすと検索ができる検索ファインダー機能、またカメラをかざすだけで英語を日本語に翻訳してくれる翻訳ファインダーなど、新しい機能満載のスマホのようですよ。

法人向けのスマホ導入でどう変わる?

ドコモの法人向けスマートフォンやタブレットを販売しているサイトでは、「スマートフォン・タブレット導入で、業務がこう変わる!」と題して、法人向けのスマートフォンやタブレット端末を導入した際、それぞれの会社においてどのような導入効果を得られるのかどうかシュミレーションできるページがありました。導入効果としては、初めての顧客の会社を訪ねて商談する際、地図アプリを使って迷うことなく客の会社まで行けること、スマホやタブレットでプレゼンすることで解りやすくスマートに商談ができること、もし想定外の質問があったとしても共有ファイルにアクセスすることで他社にいても簡単に資料等を確認できること、そして移動中でも会社のメールを確認して空いた時間を有効活用できること、などが法人向けスマートフォンやタブレットの導入で可能となり、多くのシチュエーションでの業務の効率化、ビジネスチャンスの広がりがある、と解説されていました。外勤の従業員の数、一日当たりの外勤の人の訪問数、外勤従業員の平均年収の3つを入力することでシュミレーションができるので、導入を考えている会社や管理者の方は一度試して見ると良いかもしれませんね。

ビジネス向けオンラインストレージDropboxを導入しているRadiolab

アメリカ全土で公共ラジオやポッドキャスト番組を提供しているRadiolabは、Dropboxのビジネス向けオンラインストレージを導入しています。番組はニューヨークで制作され、300社以上の公営放送局で毎週放送されているそう。トピック内容は時間論や宇宙の物理学など興味深いものばかり。私も是非とも聞いてみたいものです。Dropboxを導入した理由は、社員が増えたことにより原稿や関連資料の共有に手間がかかるようになったから。何時間も書き直した原稿を印刷してり郵送したりFAXすることなどに使うことは時間のムダですよね。Dropboxを導入したことにより、そういった作業は一切なくなりました。共有機能によって、社内での原稿管理や300社の報道局が必要とする資料を簡単に送信することができるようになったとか。また社員はいつでもどこからでもDropbox にアクセスして原稿を確認でき、効率的に仕事ができるようになりました。これからも人々を魅了する番組を作っていって欲しいですね。

どっちにする?

「これはあくまで噂ですが」という注意書きが必ず付いていたiPhoneの新機種の概要。もうほとんどのものが性格な噂・・というか情報でしたよね。画面の大きさについてもかなり大型化すると言われていましたが、iPhone 6は他のAndroidと同じくらいに、さらにiPhone 6 PlusはAndroidの中でも大きい!と言われる5.5インチという大画面になりました。では、この2つ、どちらを選ぶと良いのでしょうか!?あるスマホ記事には、本体の大きさや重さなどサイズ感、バッテリーの持ち時間、カメラ(光学式手ブレ補正)の違い、価格(約1万円の差)、そして利用の仕方の違い。例えばiPhoneのみ利用という予定の人は通話や操作を楽にしたい人や複数台持ちでAndroid端末は大きな画面を使っている人はiPhone 6を、Aple Watchを一緒に利用したい人や通話はあまりしない人はiPhone 6 Plusが良いのでは?とアドバイスされていましたよ。

も~、何で^^

バンダイのショッピングサイトにおいて、キティちゃんのパンツの販売予約が始まったそうです。キティちゃんのパンツ??も~、何でこんなもの発売するのでしょうか^^キティちゃんと言えば、サンリオの社長がキティは猫じゃない!と言ったことで世の中が騒然となりましたよね^^結局、ディズニーのミッキーのように考えて欲しい・・ということで、何となく私は納得したんですが^^で、このキティちゃんのパンツですが、スマートフォンのアクセサリーなんですね。「今年で生誕40周年を迎える「ハローキティ」と世界初のパンツ型スマートフォン用アクセサリー「スマートパンツ」のコラボアイテム「ハローパンティ」は、カプセル商品で人気を集めた水玉模様をはじめ、ヒョウ柄、白ブリーフの3種類をセットに。セクシーなヒョウ柄にキティちゃんのトレードマークのリボンがかわいいパンツは、中央の穴で指紋認識機能にも対応。白ブリーフはキティちゃんの顔が後ろにくるように履かせることもできるリバーシブル仕様となっている。」とのこと。実際の映像を見たのですが、ホントにパンツの形なんですよね。。しかも男性用のブリーフもあったりして・・。この記事を見てきっと興味を持った人も多いハズ。私も興味を持ちましたが、購入しようとは・・思いませんね~~。

Androidと同等に

日本においてiPhoneがAndroidに劣っている、と言われている点が3つあるんだそうです。1つは価格の高さ、2つ目は画面の小ささ、そして3つ目がお財布ケータイではないということ。1つめの価格は、iPhoneというブランドを頑なに守っているからでしょうか、廉価版と言われたiPhone 5Cでもそこまで販売力が上がらず、むしろ日本ではiPhone 5Sの方が人気でしたものね。iPhoneは高いもの、だからこそ価値がある、ということなのでしょうね。2つ目の画面の小ささですが、こちらは昨日発表された2つの新機種によって解消されましたね~。12インチのiPadの発売まで噂されているので、画面に関しての不満はもう無くなっていくでしょうね。そして3つ目のお財布ケータイ。これは日本だけのもので、今回の新機種ではApple Payを利用することになりそうですね。このようなことが書かれた記事には「今回、ハードウエアではAndroid機には絶対負けないぞという気概を感じる。」とありました^^

時計としての進化

他のメーカーより後発にはなってしまいましたが、とうとうAppleから時計型のウェアラブルデバイスが発表されましたね。ここで、この時計型デバイスの名称について取り上げた記事を見つけました。この記事によると、「「iMac」「iTunes」「iPod」「iPhone」「iPad」と、ジョブスが復帰し「Internet時代の新しいコンピュータ・ライフ」を連想させる製品には「i」という頭文字が付いていた。当然、スマートウォッチも「iWatch」になるだろうと、誰もが考えていた。」とのこと。しかし実際には「Apple Watch」という名称であったこと。それは、「アップルにとって「Apple Watch」とは、スマートデバイスの進化系の「iWatch」ではなく、「時計」の進化した「Apple Watch」という位置づけなのではないだろうか。」という見解なんですね。なるほど。iという文字の意味も知りませんでしたが、この記事を見るまでそのiが付いていない・・何で?という疑問も起きませんでしたが^^ファンや専門家にとっては大きな意味を持っているんですね~。

シンプルな機能と電池の持ちの良さ

ソフトバンクでは先週くらいまでガラケーが売上ランキングの1位、2位に入っていたくらい、日本ではガラケー人気が続いていますよね。これは日本だけの現象なのでしょうか?!通話とメールができればそれでOK!というシンプルな機能、技術の向上により持ちが良くなったと言われてもまだガラケーの方が電池の持ちは良く、さらに通信料金も安い。このようなことから、日本ではガラケーのニーズは留まっていないんですよね。その結果、日本においてのガラケーの保有率は28.7%、スマートフォンは53.5%。しかし世界に目を向けてみると、「アメリカ69.6%、イギリス80.0%、フランス71.6%、韓国88.7%、シンガポール93.1%」という発表があるんだそうです。シンガポールのスマートフォンの普及率はすごいですね!まぁ、これも日本のガラケーの機能の素晴らしさにあると思います。スマートフォンを購入しても結局ガラケーに戻してしまう人も多いようなので、まだまだガラケー市場は閉ざされることがないと考えて良いようです。