Today is: Tuesday, 20th September 2016
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

地図情報サービスをスタート

総合ITベンダーのインテックが、10月から新しい機能の提供をスタートさせるそうです。

インテックが手掛けるサービスの1つにエフキューブクラウドCRMというシステムがあるそうですが、これは銀行など「金融機関の業務ノウハウを集約した、金融機関向けコミュニティクラウド型CRMサービス」。このシステムにおいて地図情報サービスを追加したとのことです。

地図情報のサービスが具体的にどのようなものかと言うと、顧客となる会社や住宅の位置を地図の上で確認できるようになるんだそうです。営業マンがいちいち地図アプリに住所を入力して検索する必要がなく、システムに顧客情報を最初に入力しておけば地図上でその位置を見ることができるとのこと。この手間が無くなればかなりの効率化となりますよね。

すでにこのサービスは北越銀行に導入されることが決定しているそうです。なぜ北越銀行かと言うと・・、それはこのインテックという会社が富山の会社だからです^^

sfa とは

ナレッジスイートにはGRIDY SFA

ナレッジスイートにはGRIDY SFAという営業支援システムがあります。

その活用シーンについて一番最初に紹介されていたのは「内勤スタッフともリアルタイムで情報共有!」というものが挙げられていました。SFAに入力したもの、スケジュールやファイル、営業日報のコメントなどはグループウェアと連携されているので、社内にいる従業員とリアルタイムで情報の共有ができる、ということなんですね。

会社にいる上司とも営業日報を基にコミュニケーションを取ることが可能なため、上司や管理者はすぐに軌道修正できる、商機を逃さず営業を進めることができるんですね。

これらが可能になるのもスマホやタブレット端末での入力が可能なことから。「PDCAサイクルのさらなる高速化を実現」も活用シーンの1つに挙げられていました。
また名刺スキャンやWebフォームから自動取り込み、手入力など状況に応じたやり方で顧客登録ができること、蓄積されたデータがグラフ化されることで、いつ営業を推し進めるのかそのチャンスをゲットできる、といったことも紹介されていました。

こんなサービスがあるそうです

CRMシステムだけではなく、他のシステムもそうだと思いますが、新しいシステムを社内に取り入れる時、「専門家に相談できないかな。。」という意見が出ることがありませんか?

コストや使いやすさ、機能など、CRMというシステムに慣れていない場合、専門家の意見はすごく参考になるはずです。しかし、中小企業であればそのような人はほぼ居ないと言ってもいいでしょう。

このような会社のために、CRMコンサルティングというサービスがあるそうなんです。私も今回このサービスを初めて知りました。

実際にどのようなことをしてくれるのかと言うと「企業のブランディング、顧客価値創造、顧客ロイヤリティ向上、顧客満足度向上、マーケティングROIの向上」など。

コンサルティングしてくれる会社では、それまでに培ってきた経験やノウハウを駆使して、本当に必要な機能は何か、活かせるCRMシステムの構築、コストの大幅削減を行い、それぞれの会社に合ったサービスを選んでくれるようです。

参考:ligincのCRM比較記事

産業用IoTで米国の巨人同士が提携とは・・

ニュースを見ていたら、「産業用IoTで米国の巨人同士が提携。さあ、日本勢はどうする?」というタイトルのものを見ました。これは、MicrosoftとGeneral・Electricが産業用のIoT、モノのインターネットですね、この分野において提携を行ったというものなんです。Microsoftが世界的な企業というのは知っていましたが、日本ではもう一方のGeneral・Electricという会社はそこまで浸透していませんよね。でも、このニュースにおいてはアメリカの巨人と呼ぶにふさわしい大企業のようです。

モノのインターネットは日本でもすでに様々なところで利用できるようになってきましたが、これをアメリカの巨大企業が一緒に行うことで、Microsoftの企業向けアプリ、言語サービス、AIの技術などに活用が可能となるんだそうです。

もともとGeneral・ElectricではIoTのサービス基盤があり、これをMicrosoftのAzureを経由でサービスしてくことになるとのこと。また、MicrosoftのOffice 365とERP、CRMを統合することもわかっているそうです。

そういう理由もきっとある!

さっき、本当に偶然に気が付いたんですが、日本でiPhoneが法人向けのスマートフォンとして利用されている理由の一つにあるメール機能があるからと。きっとそうです!

その機能は、ある意味邪魔な機能でもあるんです。あるいは、ちょっと嫌味な面も。。それは、メールを返信する際に勝手に送られた先のメールが下にそのまま保存され、送信されるという機能。つまりはパソコンのメールと同じ機能のことです。

まだ自分がiPhoneユーザーではないとき、ある人がiPhoneを買うんだ!と喜んでいたことがありました。(もう何年も前のことですね^^)そして初めて届いたメールには、最後に「iPhoneより」と書かれていました。私はなんだ?わざわざiPhoneよりなんて、勝ち誇ったつもりなの?と妙な気分になったものです。きっと私のような人も多かったハズ!でも自分がiPhoneを使い始めてわかったんです。勝手にそのように表示されることを。そしてメールに返信しようとするとそのまま送信されてきたメールが載せられてしまうことを。でもこれってパソコンと同じ機能であり、ビジネスシーンでは非常に有難いことですよね。

何で今頃こんなことに気づいたのか・・なぜでしょう^^

効果的なテレアポマーケティングを行うための3つのポイント

新人の頃は、テレアポばかりやらされたという営業マンは少なくないでしょう。特にBtoBを展開する企業では、テレアポを通じて“顧客とのコミュニケーション”や“自社の商材を理解していく”といったケースが多いようです。また一言でテレアポといっても、“インターネットからの問合せに対してお客様の状況を聞いたうえで見込のありそうな顧客のみをアポイントを取るインサイドセールス”や“自社のデータベースから抽出したリストに荷電するコールドコール”など活用シーンは意外に幅広いんですよ。そこで今回は効果的なテレアポマーケティングを行うための3つのポイントをお伝えしようと思います。まず1つ目が「効果的な顧客リストを作成すること」です。それには、自社商材を利用しそうな顧客がいる場所を見付けたり、机に眠っている名刺や過去の失注顧客リストを集めてみたりと様々な手法でリストを集めてみる必要があるでしょう。2つ目は「アポイントを獲得するトークのポイントをつかむこと」です。アポイントを取るためにはそれだけの価値を相手に感じてもらう必要があり、それには一方的に喋るのではなく、課題解決に役立つ事を伝えなければいけません。3つ目は「タイミングを見極めてアプローチすること」です。相手が忙しい立場の方なら早朝や就業時間後、一ヶ月ないし三ヶ月置きにアプローチしてみるのも良いでしょう。以上3つのことに気を付けてテレアポを実践してみて下さい。最近はテレアポマーケティングに特化したSFAもありますが、まずは自分のできることから始めてみてはいかがでしょうか。営業日報で劇的に変わる

無料トライアルを有効活用してみては?

CRMのシステムに限ったことではありませんが、ITサービスの導入って、サービスしている会社のサイトを一通り読んだだけではやはり不安ですよね。

思っていた使い勝手と違っていたり、あると思っていた機能がなかったり。。また、継続することが重要なのに社員が途中で投げ出してしまうようなものだったり。。大きなコストをかけ、社員の負担を減らして営業売り上げをアップさせたい!と思っていても、このようなことがあるとすべてが台無しになってしまいます。

なので、このようなサービスを導入する前にはトライアル試用できる会社を選ぶと良いのではないでしょうかね。オプション機能などは試せないにしても、基本的な機能、動作などを試すには一か月ほどのトライアルを実施し、社員などと意見交換してから導入する、これがかなり有効かと思われます。

今はほとんどのサービス会社で無料トライアル期間を設けているようなので、いくつか問い合わせをしてみたらいかがでしょうか?

営業日報を書くポイント

毎日毎日、日報を書くのが面倒くさい…そう考えている営業マンは少なくないのでは?完全に日報が義務になっている方はそうでしょう。しかしただ何となく書いているだけの日報は何の肥やしにもなっていませんよね。どうせ時間を取って書くなら実りあるものにしなければ!そこで今回は日報を書くポイントについて考えてみましょう。最初に書くべきことは、やはりその日にあったことの反省です。ポイントは、改善すべき点を簡潔にまとめるように書くこと。短くて良いので、自分が忘れないようなインパクトある形で日報を作成しましょう。また多くの場合、書いた日報は上司に提出するかと思いますが、日報を書く際には社内の誰が読んでも有意義な内容にすることが重要。日報は、大切な情報源だということを忘れないように。このように日報は、自分の反省と他人が読んでも役立つポイントを中心に書けば、明日の営業に活かすことができるようになります。日報を書くことは営業活動の質を上げることにつながる重要な取り組みです。それでも日報を書くのが面倒くさい、時間がもったいないと感じるのであれば、SFAの機能にある日報を活用してみては?予め入力項目をカスタマイズしたり、入力した日報を社内で情報共有できたりするので便利なんですよ。質の高い日報を毎日積み重ね、より大きな会社の財産にしませんか。sfa

モバイル活用で成果を上げているAllan Brothers

モバイルを上手く活用し、成果を上げている企業が増えてきています。特にモバイルアプリはモバイル活用のキーポイント。パソコンのアプリを単にスマートフォンなどのモバイルデバイスに移しただけでは、モバイルアプリとはいえません。モバイルならではの機能(例えばカメラやGPS機能など)を搭載したり、コンテキスト情報に基づく予測データを提供したりしてこそ、真のモバイル活用といえるのです。ユニークなモバイルアプリケーションを採用しているAllan Brothersも、モバイル活用によって成果を上げている企業です。同社はフルーツの栽培・梱包・出荷業務を営んでいるのですが、「収集するデータが大量にあること」が課題となっていました。そこでモバイルデバイスの活用に取り組み、栽培と保管のプロセスを効率化することにしたのだそう。開発したモバイルアプリケーションは、ブドウ園の従業員がブドウの芽の状態を管理するためのものでした。おかげで収穫量と品質を予測したり、1エーカー当たりの収穫予定量も計算できるようになったそう。職種や業界ごとに特化した専用アプリを利用したモバイル活用は、業務効率化を本格的に促進すると思います。更に従業員が使いやいものだったら尚良いですね。

NTT東日本『オフィスまるごとサポート ITサポート』のリニューアル

東日本電信電話株式会社(NTT東日本)が提供する法人向けITサポートサービス『オフィスまるごとサポート ITサポート』がリニューアルします。従来の『オフィスまるごとサポート ITサポート』と『オフィスまるごとサポート ITサポート type I』という2つのサービスを統合させ、名称も『オフィスまるごとサポート ITサポート&セキュリティ』に変更されるそう。(提供開始3/7~)企業のIT環境やセキュリティ対策をサポートするサービスで、リニューアルでは機能拡充と利用料の値下げを実施するそう。一番の変更点は、管理・制御できるデバイスの種類が広がること。従来はWindows搭載のデバイスだけが対象でしたが、新たにiOSやAndroid搭載デバイスも対応します。更にUSBメモリ制御やリモートロックなどのセキュリティ機能も充実させ、Windows/iOS/Androidデバイスのリモートロックやワイプなどが可能になるのだそう。料金面の値下げは、スタンダードプランの「プラン1」の6000円/月を4400円/月にするなど。既存ユーザーは、3/1から料金値下げが適用されています。機能拡充と値下げのリニューアルは、企業のIT活用をますますサポートしてくれるものになると思います。