Today is: Wednesday, 24th April 2019
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

mdm市場が広がるワケ

mdm市場は今後さらに広がることが見込めます。それはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末が普及することによって、モバイルデバイス端末を一括管理するmdmツールを利用する機会も増えるため、mdm市場自体が大きくなることが予想されます。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末が高性能化すると、重要な情報、機密ファイルをモバイルデバイス端末内で扱うことになります。するとよりウイルスなどの脅威からの対策をしなければならなくなり、ウイルス対策、盗難・紛失などのセキュリティ対策のためにmdmツールを用いた一括管理を行うことが一般的となっているのです。iPhoneやandroid向けのウイルスはたくさん登場しており、重要な機密情報が保存されているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を従業員の仕事に使う場合には、今まで以上にセキュリティに気を付ける必要があります。

mdm導入事例の目的

mdmに導入事例はそれぞれの企業によって目的が異なります。スマートフォンやタブレットなどモバイルデバイス端末の管理を目的としている企業もいれば、資産管理やアプリケーション管理を目的としている場合もあるでしょう。
mdmの導入事例の目的として最も多いのが、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の端末管理になります。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末は圧倒的なモビリティを有しています。
そのため外出時には携帯するのが当たり前であり、外出先で使用する機会は非常に多いです。そのためモバイルデバイス端末の盗難や紛失のリスクは非常に高く、そのリスクの対策としてリモートロックやリモートワイプなどの機能を搭載したmdmでのモバイルデバイス端末管理が重要になってきます。mdmツールを用いることで、遠隔操作でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスの端末管理が可能になります。

スマートフォンのセキュリティ強化にはmdmが必要

スマートフォンやタブレットのセキュリティ対策としてmdmツールを導入して、一元管理をするのが効率的です。特に初期導入作業が面倒になるため、初期導入時よりmdmツールを導入して、管理を一括して行う企業は多いでしょう。mdmの通信方式の中でもSMS方式のプッシュ方式は一般的です。
携帯電話事業者が提供するSMSを利用して、該当するモバイルデバイス端末にmdmサーバへ接続するようにメッセージ送信を行う方式になります。SMS方式は必要に応じてモバイルデバイス端末を呼びだすことができます。
またSMS方式であれば定期的な同期が必要でないため、即時性があり、バッテリーを消費しないという点においても非常に効率的な通信方法になります。
もう1つ多い通信方法になるのがOSベンダー提供方式になります。OSベンダーが提供するメッセージプッシュシステムを介して該当するモバイルデバイス端末にmdmサーバへ接続するようにメッセージの送信を行う方法になるます。

mdm市場人気NO1のOptimal Biz

2017年度のモバイル管理ツール市場=mdm市場で人気NO1を獲得したmdmツールと言えばOptimal Bizです。Optimal Bizは売上金額、出荷ライセンスともにシェアNO1を誇るmdmツールです。
Optimal Bizは企業や組織で導入されているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の管理やセキュリティ対策などをWebブラウザ上から簡単に一括で行うことができるmdm管理、PC管理サービスになります。
また機器検出技術やzone managementなどの特許技術を組み込んだ機能も備えています。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末メーカーとの提携による業界最多の対応機種数を誇るOptimal Bizは、どんなスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末でもマルチに一元管理ができると評判です。
大規模ユーザーを抱えている組織の構造を視覚化した階層管理機能などもあるので、大量のモバイルデバイス端末を導入する企業にも人気があるmdmツールになります。

bring your own deviceの導入メリット

bring your own deviceはbyodと略されることも多く、ビジネス業務において個人が所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を用いることをいいます。
生産性の向上に大きく貢献する可能性が高いbring your own deviceは日本のモバイルデバイス端末市場においても、徐々に導入が進められています。
bring your own deviceを導入している企業や、導入を検討している企業の半数は、bring your own deviceを導入する理由として業務効率のアップや従業員のモチベーションを上げるためです。
bring your own deviceを導入することで、従業員はプライベートで使用しているモバイルデバイス端末を利用できるので操作性で煩わしさを感じることもありません。
また企業側としてはモバイルデバイス端末導入にかかるコストを削減することができるので、両者にとって利点が多いのです。

デバイス管理をするmdmとは?

mdmとはmobile device managementの略であり、mdmを導入することで企業で大量のスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入した時に、円滑にそして安全にそれらのモバイルデバイス端末を管理、設定することができます。
mdmという言葉をよく耳にするようになったのはここ10年あまりのことです。現在では、データマネジメントを主としたコンソーシアムなども立ち上がっており、各種mdm関連のレポートも増えてきています。
mdmプロジェクトの成功事例や関連のソリューションもたくさん登場してきているので、企業としては導入するmdm選びが重要になってきています。
mdmは企業のマスターデータ管理の手法であり、ソフトウェアを指します。IT管理者はデータをリスクから保護しながら、ユーザーが自分の作業に必要なリソースがmdmから提供されるようにする必要があります。
管理対象のモバイルデバイス端末についての情報が得られて、そのモバイルデバイス端末でリモートタスクで実行が可能です。

スマートフォンりようで大切になるセキュリティについて

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務で利用する際には、プライベートで利用する時よりも強固なセキュリティ対策を施す必要があります。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の中には顧客の個人情報や会社の機密情報など外部に流出してしまうと大変になる情報がたくさん含まれています。
そのためそれらの情報が第三者に流出しないようにセキュリティ対策を強化する必要があるのです。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末のセキュリティ対策として最も有名なのがmdmツールです。
mdmはモバイルデバイス端末管理ソリューションであり、mdmを導入することでスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を一元管理することができます。
mdmの機能は遠隔操作でのリモートロックやリモートワイプなどの機能の他、アプリケーションの利用制限もあります。
モバイルデバイス端末固有機能でアプリケーション利用制限が可能な端末に対して、mdmクライアントエージェントが利用可能なアプリケーションを使用することになります。

Apple IDがいらなくなる?!VPPとはなに?!

企業や学校などの組織でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する機会は増えています。
iPhoneやiPadなどの一斉導入をする際にネックとなるのが、AppleIDの問題でした。
企業でiOSデバイス端末をまとめて導入、各自に配布する場合、設定するAppleIDをどうするのか?という問題が浮上してきます。
このAppleIDはiOS端末を利用したことがある人であればご存知のように、iOSデバイス端末にアプリケーションをダウンロードして使用する時に必ず必要となる欠かせない存在になります。
そのためiOSデバイスを一台でもお持ちの方であれば、必ず持っているのがAppleIDになります。1つのAppleIDにつき最大10台のモバイルデバイス端末までしか関連付けができないため、大量にモバイルデバイス端末を導入する際にはこのAppleID
が問題となります。そこでAppleDEPを利用することでAppleID不要のアプリ配布が可能になるのです。

mdm導入事例が増えるワケ

企業や学校などの教育機関でのmdmの導入事例が増える理由として、mdmの必要性が重要視されているからです。mdmの必要性はスマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどのモバイルデバイス端末がビジネス現場で取り入れるようになって、セキュリティ面での対応が不可欠になっているからです。
また業務の効率化を図るためにもmdmの導入は必須となりつつあり、mdmのニーズは急速に拡大しています。
mdmが提供する機能は、様々です。スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末自体の情報管理や、利用するアプリケーションの提供、管理、スマートフォンやタブレットなどを落としたり、盗まれたりした時のリモート制御機能、さらにはセキュリティアプリの提供や管理などもあります。
また緊急時にはモバイルデバイス端末の隔離や遠隔によるアクセス制御、アプリケーションの利用制限、管理などがあります。
さらには個人のモバイルデバイス端末を利用するbyodにおける、個人データと業務データの分離、管理もmdmで行うことが可能です。

byodの導入方法が課題となる

byodをうまく導入するためにはいくつかの課題があり、それらの課題をクリアにする必要があります。企業の生産性と従業員の満足度を両立させる導入方法を検討することがboydを導入する上で一番の課題となるでしょう。急速に普及するスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末の法人利用は、日本国内においても顕著になってきています。
今や、こどもやお年寄りでもスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を利用する時代になっており、業務で用いることも当たり前となりつつあります。
この業務でスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を導入する場合、新たな流れとなっているのがbyodです。byodはスマートフォンやタブレットを、会社が従業員に支給する導入方法では、従業員個人がプライベートで所有しているスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス端末を業務でも利用する導入方法になります。
ビジネスでは業務メールの送受信、スケジュールリンク、グループウェア、連絡先の閲覧などを行いますが、プライベートでは今まで通りのモバイルデバイス端末の利用が可能です。