Today is: Tuesday, 28th February 2017
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

トレーニングと認定資格があります

CRMをしっかりと運用していくためには、全くの素人では思うように進めることはできないようです。それだけ専門知識を必要とするシステムなんですね。。

Salesforceにおいては、トレーニングと認定資格を設け、最大限にCRMを活用できるスキルを習得できるうようなプログラムがあるそうです。知ってました?

ITの専門家がいなくてもうちのCRMは簡単に導入できますよ~、といったセリフとは真っ向違う、「Salesforceを導入する企業でも最大限に有効活用するにはSalesforceのスキルが必要です」とあります。

CRMを導入したくても、その運用ができないから導入を控えているという会社も多いかもしれません。また、過去に誰でも使えるCRMを使ってみたところ、うまく使いきれなかったという経験がある会社も。

そう考えると、Salesforceのトレーニングを受け、認定資格を取得することで就職や転職に有利になる、と考える人も多くなるでしょうね。

https://knowledgesuite.jp

SFAは見込み顧客を

顧客と一言で言いますが、あるサイトではこの顧客というワードを4つの種類に分けて紹介されていました。その4つは、潜在顧客、顕在顧客、見込み顧客、そして既存顧客。

潜在顧客はまだ顧客ではない、今は商品に興味がない。しかしこの商品が自分には必要なんだとわかると見込み顧客へと進む客のこと。顕在顧客とはまだ顧客ではない、しかし商品には興味を持っている。でも必要性は感じていない客のこと。見込み顧客もまだ顧客ではない、しかし商品には興味もあって必要性も感じている客。そして、既存顧客はすでに商品を購入していて顧客として登録されている客のことを指すそうです。

営業支援ツールでは、すべての顧客をターゲットにしているのではなくて、その一部に絞ることでより深く顧客を知り、顧客に最適な情報を送ることができるようになるそうです。SFAでは主に見込み客をターゲットとし、顕在顧客、既存顧客の一部も含む場合があるようです。

なので、自社で営業支援ツールを導入する際にはどの層をターゲットにするのかをはっきりとさせておく必要がありますね。

リードナーチャリングのポイント

自社製品やサービスのファンを増やすため、リードナーチャリングを行っているという企業は多いのではないでしょうか。ちなみにリードナーチャリングとは、既存客や見込み客と継続的かつ良好な関係の構築を目指すマーケティング手法のことなんですよ。長期的な関係を構築することで、より受注に繋がりやすくし、継続的な売上げアップを見込むことができます。しかも新規の顧客を獲得するのに掛かるコストも抑えることができますよね。リードナーチャリングを行う上でのポイントは、ズバリ『顧客のモチベーションの維持&育成』です。育成するためには、まず顧客の興味・ニーズの高さを知ることが第一歩。CRMやSFAといったツールを活用して、顧客情報と問い合わせの経由などを管理し、それぞれの顧客に合った対応をしましょう。過去の応対履歴を参照できるCRM・SFAツールを利用することで、より効果的なアプローチができると思います。またリードナーチャリングでは、顧客へアプローチするタイミングが非常に重要となってきます。顧客が情報収集から購入検討までのどの段階にいるのかを正確に判断し、適切な施策を取ること…これがリードナーチャリングを行っていく上で、効果的かつ効率的なマーケティング施策になるでしょう。株式会社ダイヤアクセス DAMSsy

会社の財産だと思って

昔は、1つの業種に数多い会社が参入、ということは無かったかもしれません。しかし今は数多くの企業が同じ業種内でひしめき合っています。ということは、自然と競争も激しくなってしまいますよね。

そこで注目を浴びているのがCRMといった営業支援システムなんです。CRMの中には、顧客からのクレームや問い合わせに対応するためのコンタクトセンターや、ホームページ内の問い合わせといったものがあります。実は最近この分野で競争力を高めようとする動きが強まってきているんです。

顧客の正直な声は、その会社にとって耳の痛い話しばかりかもしれません。ところがその声によって会社が作りだす製品やサービスの質が向上したり、さらに新しいモノが作りだされる可能性も秘めているんです。

顧客の声から生まれた独自の製品やサービスは競争力も高く、顧客満足度も上げてくれるため、クレームや問い合わせを疎ましく思うことなく、会社の財産だと思って対処することが望ましいんです。

スケジュール管理を2重にしてしまっていませんか?

グループウェアとSFAの2つにそれぞれスケジュールを入力していて、結果とても手間がかかってやりにくいという声がよく聞かれます。アタリ前と言えばあたり前ですよね。

これはグループウェアとSFAをサービスしている会社が違っているため。先にグループウェアを使っていて次に営業日報を透明化したいがためにSFAを導入。その新しいシステムにスケジュールを登録しておけば、部署内全体にも自分のスケジュールが公開されるので、他の社員が助かるわけです。

それでスケジュールの2重管理という面倒なことが起きてしまうんですね。ではこの面倒な作業をどのように解消するのか、それはグループウェアとSFAの連携なんですね。

ある会社の場合、オプション機能としてグループウェアにSFAがあるんです。グループウェアとSFAでスケジュールを共有でき、日報の予定なども簡単にSFAに入力できるようになるそうです。

新システムの導入の際には、機能だけでなくて今使っているグループウェアとの連携が可能なのか、これについても調べておくと良さそうです。

sfa

サポート体制がしっかりしている会社を

SFAの導入に際しては、やはりサポート体制がしっかりとしている会社を選んでおきたいですよね。

ホームページなどでもそれぞれの会社が、どのようなサポートをしてくれるのか、具体的に紹介されているところも結構あるんです。

例えば、導入前からのサポートについても。せっかく費用をかけてSFAを導入するのだから、導入を担当する社員と徹底した打ち合わせを行うそうです。会社内や部署内である問題点、課題を伝えることで、適切なアドバイスや導入すると良い機能などを教えてくれるそうです。

また、カスタマイズできる会社では、それぞれに合ったテンプレートや機能の選択をサポートしてくれるそうです。

そして導入後ですが、しっかりと運用していけるよう、定着するように、SFAの操作をトレーニングしてくれたり、集中セミナーで担当者を教育してくれるとか。会社によっては運用の支援ととものマーケティングの支援などもやってくれるそうです。ホント、面倒見が良い会社があるもんですね~^^

大容量のモバイルバッテリー『ANKER PowerCore+ 26800』

同じスマートフォンを長く使っていると、バッテリーの減りが早くなりますよね。特にビジネスユーザーの方は、バッテリーの残量を気にせず、いつでもどこでも使いたいもの…そこで役立つのがモバイルバッテリーです。私がオススメしたいのは、容量2万6800mAhの『ANKER PowerCore+ 26800』(約1万5000円)という急速充電器。メーカー側のホームページには「iPhone 6を10回、Galaxy S6を7回以上、2015 MacBookを3回以上充電することが出来ます」とありました。iPhoneを10回も充電できたら、全くバッテリーを気にせず仕事できますよね。大きさは500mlペットボトルよりも少し大きい程度、重さは585グラムほどなのでズッシリくる重さですが、1つで容量の大きなモバイルバッテリーが欲しい方には良いと思います。仕事以外でも、バッテリーの減りが激しいスマホゲーム『ポケモンGO』プレイヤーにもコチラはオススメ。BYODで仕事もプライベートも同じスマートフォンを使っているという方にも良いですね。より早く安定した充電を求めている方にピッタリだと思います。

単に取り入れるだけではダメ

日本の営業スタイルとアメリカの営業スタイルが違うために、アメリカの営業支援システムであるSFAは日本の営業マンには不向きだと言われていますよね。

営業プロセス、営業方法、情報入手の方法など。また、日本の営業マンは取引先の人、つまり個人同志での商談が昔から行われ、経験や勘が重視されてきました。そのため、全体で共有しながら営業を進めていく営業支援システムは使いにくいさがあるんですね。

では、どのようにすればアメリカスタイルの営業にシフトチェンジできるのか。それは、グループウェアと連動が最も近い道だと言われています。これまで使っていたスケジュールの管理や営業日報、取引先との連絡などをこれまでと同じようにすすめつつ、社内、グループ内で共有できるようにしていくんだそうです。これだと、営業マンへの負担が少なく、いつも通りの入力で見える化できるので楽ですよね。さらには営業スタイルを統一する、というSFAも最近は作られているとか。

日本の営業スタイルとのミキシングが、重要なんですね。

sfa

グーグルの最新OS『Android 7.0 Nougat』の魅力

スマートフォンやタブレットの普及により、モバイルワーカーは年々増加傾向にあります。BYOD(私物端末の業務利用)を採用している企業も多くなりましたよね。しかしAndroidスマホは、セキュリティ面が不安だから仕事で使うのはちょっと…なんて思っていたユーザーは少なくないでしょう。グーグルの最新モバイルOS『Android 7.0 Nougat』に搭載された新しいセキュリティ機能は、そんなAndroidスマホのイメージを一新するものかもしれませんよ。このOSには、業務コンテンツのセキュリティを強化するファイルレベルの暗号化機能が搭載されているのです。企業にとって重要なセキュリティに注力しながら優れた操作性をも実現しているこの暗号化機能は、モバイルワーカーのセキュリティを確保するうえで素晴らしい進歩だと言えるでしょう。ちなみに現時点でこの恩恵にあずかれるデバイスは、Nexusシリーズ(Nexus 6/Nexus 5X/Nexus 6P/Nexus 9/Nexus Player/Pixel C/Android One)です。今後もAndroidスマホの魅力はますます増していくと思います。

導入の効果とは?

ある企業がCRMを導入した効果について紹介されていました。この企業はルート営業が中心の会社とのこと。ルート営業って何かわかります?営業にはすでに顧客になっている企業を主に回る方法と、主に新規の顧客を開拓していく方法があるのですが、ルート営業とは前者の既存顧客への営業のことです。

ルート営業の場合、よく聞くのがただの御用聞きのような存在になりやすいということ。しかも、長い付き合いがあるためにそれぞれの営業担当者が独断で判断している状態、つまり属人的な仕事の仕方が当たり前になっていたんだそうです。

CRMとは営業プロセスを見える化し、誰もが確認できるというシステム。属人的営業に慣れていた営業担当者にとっては使いにくい部分も多かったようですが、売り上げ成績の良い担当者のノウハウを知る良い機会にもなったため、他の社員の顧客満足度を向上させることができたんだそうです。

単なる御用聞きから、本来の意味での営業担当者になったんですね^^

sfa