Today is: Thursday, 23rd October 2014
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

Androidと同等に

日本においてiPhoneがAndroidに劣っている、と言われている点が3つあるんだそうです。1つは価格の高さ、2つ目は画面の小ささ、そして3つ目がお財布ケータイではないということ。1つめの価格は、iPhoneというブランドを頑なに守っているからでしょうか、廉価版と言われたiPhone 5Cでもそこまで販売力が上がらず、むしろ日本ではiPhone 5Sの方が人気でしたものね。iPhoneは高いもの、だからこそ価値がある、ということなのでしょうね。2つ目の画面の小ささですが、こちらは昨日発表された2つの新機種によって解消されましたね~。12インチのiPadの発売まで噂されているので、画面に関しての不満はもう無くなっていくでしょうね。そして3つ目のお財布ケータイ。これは日本だけのもので、今回の新機種ではApple Payを利用することになりそうですね。このようなことが書かれた記事には「今回、ハードウエアではAndroid機には絶対負けないぞという気概を感じる。」とありました^^

時計としての進化

他のメーカーより後発にはなってしまいましたが、とうとうAppleから時計型のウェアラブルデバイスが発表されましたね。ここで、この時計型デバイスの名称について取り上げた記事を見つけました。この記事によると、「「iMac」「iTunes」「iPod」「iPhone」「iPad」と、ジョブスが復帰し「Internet時代の新しいコンピュータ・ライフ」を連想させる製品には「i」という頭文字が付いていた。当然、スマートウォッチも「iWatch」になるだろうと、誰もが考えていた。」とのこと。しかし実際には「Apple Watch」という名称であったこと。それは、「アップルにとって「Apple Watch」とは、スマートデバイスの進化系の「iWatch」ではなく、「時計」の進化した「Apple Watch」という位置づけなのではないだろうか。」という見解なんですね。なるほど。iという文字の意味も知りませんでしたが、この記事を見るまでそのiが付いていない・・何で?という疑問も起きませんでしたが^^ファンや専門家にとっては大きな意味を持っているんですね~。

シンプルな機能と電池の持ちの良さ

ソフトバンクでは先週くらいまでガラケーが売上ランキングの1位、2位に入っていたくらい、日本ではガラケー人気が続いていますよね。これは日本だけの現象なのでしょうか?!通話とメールができればそれでOK!というシンプルな機能、技術の向上により持ちが良くなったと言われてもまだガラケーの方が電池の持ちは良く、さらに通信料金も安い。このようなことから、日本ではガラケーのニーズは留まっていないんですよね。その結果、日本においてのガラケーの保有率は28.7%、スマートフォンは53.5%。しかし世界に目を向けてみると、「アメリカ69.6%、イギリス80.0%、フランス71.6%、韓国88.7%、シンガポール93.1%」という発表があるんだそうです。シンガポールのスマートフォンの普及率はすごいですね!まぁ、これも日本のガラケーの機能の素晴らしさにあると思います。スマートフォンを購入しても結局ガラケーに戻してしまう人も多いようなので、まだまだガラケー市場は閉ざされることがないと考えて良いようです。

スマホのLCC?

航空会社にも価格破壊?が数年前から起き、LCCの会社が次々と誕生していますよね。・・ただ最近はパイロット不足や資金調達に苦労して様々な影響が出てしまっていますが・・。そんなLCCがスマホの世界でも誕生したと。それが「U-mobile」。何か似たような会社名がありません??もうなにがなんだかわからなくなっています^^U-mobileの特徴としては、ドコモ網の利用によってつながる安心とハイスピードと選べる容量、豊富な最新映画などのコンテンツがあるそうなんです。ん?異業種から参入している企業のスマートフォンは、容量が少なくスピードも良くないので映像を観るには不向きと言われていますよね。でもこのU-mobileの場合は違うんですね。こちらの取締役の方は「3Gバイトなら1980円。5Gバイトでも3380円で済むほか、データ専用プランなら月額680円~使えると、月額料金の安さをアピールする。」とか。大手3社は月に約8000円ほどなので、これは本当に安い!それに使える!しかもその場で購入してい持ち帰るというのも魅力。これは売れるでしょうね~~^^

スポーツの上達はスマホアイテムで!

ゴルフやテニスを楽しむ方もたくさんいらっしゃると思いますが、自分のスイングってわかっているようでわからないものですよね。満足している人はそれでも良いかもしれませんが、もっと上達したい!という人におすすめのアイテムがあるそうなんです。それがフォーカルポイントが販売している「スイングセンサー」なるもの。今年2月に発売されたもので、価格は2万円ほど。「「iPhone(4S以降)を後ろのポケットに入れていれば、腰の回転も記録してくれます」」といったかなり使えるアイテムのようです。例えば、テニスの場合付属されているフレックス・マウントをラケットに取り付けて、スマホで記録したデータを見れるというもの。そのデータはグラフや3Dアニメーションで確認できるそうなんです。3Dアニメとして確認できるなんて良いな~~。これ、スポーツだけではなくてダンスや演奏などにも使えそうですよね。自分のパフォーマンスに集中していると、客観的に自分の姿を確認するヒマなんてありませんものね。色んなスキルアップに使えそうです^^

何度見てもカッコイイ^^

au史上最強のタフネススマホと称されている「TORQUE」。今月の25日に発売されることになっていて、一週間ほど前からネットのニュースでもこの端末の紹介記事を度々見かけるようになりました。アメリカの軍事規格に準拠しているそうで。その防水性、防塵性、耐衝撃性能、そして塩水、乾燥がキツイ場所でも丸一日動作できるなど、過酷な状況下でも耐えられる高機能なスマホ。でも性能だけではないんですよね。見た目がかっこいいんです^^私が見たトルクの画像は、赤の本体に黒のガードが上下に付けられています。部分的にガードしているんですが、デザインがカッコイイので後ろから見るとスマホに見えない^^液晶画面の方にはゴツいダイバーズウォッチのようなデザインがあり、時間だけでなく気温や湿度などももしかしたら確認できるのかもしれません。価格は65,880円とのこと。もともと海外で人気が出たモデルだけに、日本でどうなのかはさっぱりわかりませんが、1ヵ月後のレビューにどのような事が書かれているか楽しみです^^
そうだ。iPadを会社で導入する場合には参考してください!
ipad導入

Goophone i5Sって知ってます?

数日前にもこれに関連するレビューがあがっていたのですが、中国のスマートフォンメーカーGoophoneが出すという新スマホ。名称は「Goophone i5S」と言います。これがiPhone 6を想定したスマホなんだそうです^^想定ですよ。しかもOSはAndroid!^^iPhone 6はこの秋に発売予定と言われていますが、アップルの情報って少ないですよね。そんな少ない情報をかき集めて?この中国メーカーはアップルよりも先にスマホを発売するとか。何なんでしょうね^^でも中国の人はそれがアップルのものであろうがパクリであろうが関係ないようです。そして驚いたことに、このメーカー、このiPhone 6を想定したスマホの前にもiPhone 5sそっくりの「Goophone i5S」、GALAXY S5そっくりの「Goophone S5」なるものを発売してきたそうなんです。すごいな~~。やはり中国では人気があるということなんでしょうね。。でも、アップルやサムスンにしてみると本当に迷惑な話ですよね。何とかならないのでしょうか・・。

使える幅が広くなりました

ウェアラブル端末が発売されるようになって、その使い心地の良さとともに不便なところも聞くようになりましたよね。サムスンが発売している「Gear 2」や「Gear Fit」という腕時計型の端末は、対応できるギャラクシースマホがかなり限られていました。そのため、スマホの新機種を購入する際に一緒にウェアラブル端末も買う、という形が当たり前になっていて、それよりも前のギャラクシーを使っていた人は利用ができませんでした。しかし、先月から発売された「Gear Live」は、Android 4.3以降のものなら連携できるようになったそうです。しかも、他社のメーカーのスマホやタブレットにも対応できるとか。これはかなり使える幅が広がりましたね~。価格は22,000円ということで、見た目は時計そのもの。このさりげない見た目で、時計よりも色んな機能が利用できるという点が私は良いな~と思いましたね。

待ち受け時間は1,000時間?!

本当でしょうか?^^中国のスマートフォンメーカーであるTHLが、「5,000mAhという世界最大容量のバッテリを搭載したAndroidスマートフォン「THL 5000」を発表した。待ち受け時間は1,000時間と謳う。」とういうもの。1,000時間ということは・・・えっと・・4日以上ということですよね。それはすごい!でも中国のメーカーなんで眉つば^^しかし、使われている部品の中にはカメラはソニー製が搭載されているところを見ると、バッテリもそれなりの会社が収めているのでしょうか・・。残念ながらバッテリは5,000mAhという大容量ということは書かれていたんですが、どこの会社のものかまでは書かれていませんでした。また「待ち受け時間は1,000時間、連続通話時間は47時間、ウェブブラウジングは11時間、音楽再生は125時間、動画視聴時間は11.6時間。また、大容量バッテリながら、厚さ約8.9mmという薄さも実現している。」と。これは、外出が多いサラリーマンや、家庭と仕事の両立を頑張っている主婦にも嬉しい機能ですよね~。中国のメーカーができたのだから、日本のメーカーも是非実現させて欲しいですね。
参考情報 ascentnet.co.jp

Androidの特権??z

サッカーのワールドカップが始まりましたね!でも、日本が初戦を落としたせいか?盛り上がりムードは一段落した感じ^^?次の試合に期待したいところですが、次回の試合ってものすごい早朝ですよね。一般の人はまだお休み中だと思いますが、中には通勤時間の方もいらっしゃるのでは?そんな方たちはワンセグを利用すれば観られますよね!電車やバスであれば^^地下に潜るとワンセグはちょっと厳しいですが。でも、iPhoneってワンセグが搭載されていないんですよね。なので、もしiPhoneで観たければチューナーを購入しないといけません。普段、Androidには不利な情報が多く^^iOSの方が機能的!という声も聞きますが、今回はAndroidの特権!と言ったかんじでしょうか?テレビで初戦が行われた際の街の様子が写っていましたが、日曜日ということもあり仕事をしている人は少なく街を歩く人もちらほら。次回の試合は平日ですので、スマホに釘づけのサラリーマンが多くなるのでしょうね^^
関連情報 Apple iOS MDM | MoDeM